autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート 4ページ目

燃費レポート 2013/9/19 22:46

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート(4/5)

関連: マツダ アテンザ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート【市街地編】

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

MTというと、「空いてる道ならいいけど、街乗りが億劫」というイメージをお持ちの人もいるかもしれないが、アテンザディーゼルの6速MTモデルの場合は、そういった懸念はまったく心配しないでいい。

クラッチの重さは軽めで、ミート(つなぎ)も非常にし易く、坂道発進でもヒルローンチアシスト(坂道発進の際に下がらないようにブレーキを残しておくデバイス)が実に自然に作動するので、MTに対する不安は考えないでいいだろう。

むしろ、郊外路編で書いたように1,250回転も回っていればパワーバンドに入るので、シフトダウンをサボってもそのまま走れるケースも多く、案外運転が楽に感じられるかもしれない。

MTで気になるであろうシフトフィールは、ギアの入りが良好でフィーリング自体はディーラーの試乗などのチョイ乗りだと「もう少しクイックさやソリッドな感じがあっても良いかも」と感じるかもしれないが、自分のクルマとして長期間乗ることを考えれば、ちょうど良いセッティングと言える仕上がりだ。

運転が楽といえば、アテンザはセダンで全長4,860mm×全幅1840mmという大柄なボディサイズだが、同じようなサイズ、車格のアコードハイブリッドと同様にノーズの見切りが思ったより良く、「取り回しが大変」と感じる場面は想像以上に少なかった。

もちろん、絶対的なサイズは大きいことには変わりないが、実際に試してみて問題を感じなければ、購入を前向きに考えた方がいいだろう。

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

また、アテンザディーゼル(MT) で1つ印象的だったのは、アイドリングストップとMTの相性の良さだった。

アテンザディーゼル(MT)の場合、アイドリングストップからの再始動はクラッチを切ったままならクラッチを繋いだ瞬間、クラッチを踏んでいなければクラッチを踏んだ瞬間なのだが、再始動が早い上にすぐスタートできるのがいい。

さらにアイドリングストップの開始もMTの場合は停止の際にクラッチを切るか、ニュートラルになっているので、停止とほぼ同時くらいのタイミングでアイドリングストップ開始となるが、違和感なくアイドリングストップが長く行える点は好意的に受け入れられる。

アイドリングストップの頻度もテスト日の気候だったら「バッテリー電圧さえ確保されていれば、停止の度」と言えるほど多かった。

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

市街地路での燃費は、車格を考えれば「14.6km/L」と良好なものだった。

ただし、この燃費はDPFの再生(DPF=ディーゼルパティキュレートフィルター、ディーゼルの黒鉛の原因となる粒子状物質を集めるフィルター、再生=粒子状物質が溜まると燃料を吹いて燃やし、フィルター内を洗浄する)を含んだもので、DPFの再生が始まるまでの燃費は「18km/L」を超えていた。

DPFの再生はある頻度で行われるものなので、どこかでこの分でロスした燃費は含まれるのだが、DPFの再生に遭遇しなければ、市街地でも今回の成績以上の燃費が期待できることは認識して欲しい。

参考までに書いておくと、テスト終了後に車両返却のため、芝公園のオートックワンから横浜のマツダR&Dまで一般道で移動した際の燃費は平均的な首都圏の交通状況で16.9km/Lであった(距離は23.0km)。

マツダ アテンザクリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 市街地路の実燃費/14.6km/L

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22