autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート 2ページ目

燃費レポート 2013/9/19 22:46

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート(2/5)

関連: マツダ アテンザ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート【高速道路編】

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

今回、アテンザディーゼルの6速MTモデルを燃費テストしたことにより、マニュアル車の魅力を再認識させられた。

日本ではMT車が最近再び注目を集めつつある状況ではあるものの、広い目で見れば絶滅状態になっている。その状況下でMT車の魅力を考えてみると、ドライバーの裁量でエンジン回転をコントロール出来ることと、ドライバーの行った操作が様々な意味でダイレクトに反映されることが挙げられる。

アテンザディーゼルのMTは、特にこの2点が非常に強く感じ取れるクルマであった。比較的加減速が少なくクルマが流れる高速道路では、100km/hのエンジン回転数はアテンザディーゼルのATと同等の1,750回転と、表面的な差はATよりも少ないように見える。

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

しかし、アテンザディーゼルのATの場合、トップギアの6速に入るスピードはパワーバンドに入る回転数との兼ね合いもあり、おおよそ80km/hだが、MTなら走行に支障のないスピードに達していれば早めに6速にシフトアップして走ることもできるので、ドライバーのギアの使い方次第で燃費も稼ぐことも可能なのだ(アテンザディーゼルのMTの場合、60km/h出ていれば6速に入れて支障はない)。

 結果、高速道路での実燃費は「23.5km/L」と車格やボディサイズを考えれば、望外と言えるほどの絶対値を記録し、CX-5ディーゼルのAT(FF)の高速道路における実燃費を約5%上回った。この好燃費は高速道路でのテスト中、ほぼ6速ホールドのままで走れたことが大きな要因だろう。

なお、別の機会に同じくアテンザディーゼルのMTで高速道路を速めのペースで走ったこともあるのだが、その時の燃費はペースを考えると落ち込みが少なかったこともお伝えしておこう。これはディーゼルエンジンがペースの速い走行に代表される高負荷時に強いことの象徴と言えるだろう。

絶対的な動力性能も42.8kgmという4リッターオーバーのV8エンジン並みの最大トルクを誇るだけに、高速道路の合流や追い越し加速では頼もしい瞬発力と、豪快な加速を楽しめることもアテンザに限らない、マツダのスカイアクティブDの大きな魅力だ。

高速道路での騒音に関しても「エンジン音はほとんど聞こえない」といって大げさではないほど、低く抑えられていた。

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

なお、テスト車にはオプションのレーダークルーズコントロール(緊急ブレーキシステムとセットで15万2,250円)が装備されていたので、こちらもテストしてみた。

マツダのレーダークルーズコントロールは停止までは対応しておらず、主に高速道路、バイパス路向けのものだが、加減速が滑らかな上に車間距離もドライバーの選択に対して適切なもので、クルマに運転を任せてもストレスのない“運転が上手”なものだった。

燃費、動力性能、レーダークルーズコントロールの完成度を総合すると、アテンザディーゼルが高速道路を使ったロングツアラーとして高い資質を持っていることがよく理解してもらえるだろう。

マツダ アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル)高速道路の実燃費/23.5km/L

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17