autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート

燃費レポート 2013/9/19 22:46

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート(1/5)

関連: マツダ アテンザ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート

マツダ 新型アテンザ クリーンディーゼル(XD・6速MT搭載モデル) 燃費レポート

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

アテンザはミドルクラスの世界戦略車で、初代モデルは2002年に登場。昨年11月に発表された現行モデルは3代目となる。

新型アテンザは、CX-5に続いてマツダが掲げる「走る楽しさはそのままに、軽量化なども併せてクルマ全体で燃費を向上させる」というコンセプトのスカイアクティブ技術をフルに盛り込んだモデルだ。

新型アテンザの搭載エンジンは、圧縮比を13.0まで上げた(日本仕様)ことなどにより燃費とパワーを同時に向上させた2リッターと2.5リッターのガソリンエンジン(スカイアクティブ-G)と、CX-5に搭載以来、動力性能、静粛性、低コスト化といった多方面から「革命的」という声も多い2.2リッターディーゼルターボ(スカイアクティブ-D)の3種類。

燃費向上技術としては、アテンザには減速エネルギーをキャパシタ(瞬時にエネルギーを蓄えられ、効率的に使えるという特徴を持つ)に貯めて、エンジンの負担を減らし燃費と動力性能の向上に寄与する「i-ELOOP」も採用されている。

トランスミッションはメインとなる6速ATに加え、ディーゼルには6速MTも設定されており、今回のテストではその6速MTのディーゼルターボ搭載モデル(XD、302万6,000円)を起用した。

ちなみに、ボディタイプは今回のセダン以外にステーションワゴンも用意されている。通常、セダンとステーションワゴンでは、価格に20万円程度の差額があることが多いが、アテンザではどちらのボディタイプも同値段ということも見逃せないポイントの一つだろう。

テストは9月11日の早朝から実施。道路状況は比較的流れが良く、天候は曇り時々雨で、最高気温は28度程度であった。

燃費測定の基本ルール

マツダ アテンザ ディーゼル(MTモデル)

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23