autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート ホンダ 新型アコードハイブリッド 燃費レポート 2ページ目

燃費レポート 2013/8/20 19:43

ホンダ 新型アコードハイブリッド 燃費レポート(2/5)

関連: ホンダ アコードハイブリッド Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部/永田恵一
ホンダ 新型アコードハイブリッド 燃費レポート

ホンダ 新型アコードハイブリッド 燃費レポート【高速道路編】

圏央道にて燃費テスト中の新型アコードハイブリッド

高速道路のペースでは、前述の通り主にクラッチが接続された「エンジン直結モード」で走るのだが、その時のエンジン音は「遠くの方でブーンと静かに回っている」という感覚で、好みは別としてエンジンの“存在感”が非常に薄い。

また、「エンジン直結モード」と言いながらも、エンジンがタイヤを駆動する以外に余剰なトルクを発生している際には発電も行っており、その電力はバッテリーに蓄えられる。バッテリー残量に余裕が出来れば高速道路でもエンジンを止めてEV走行で走れるため、ここでも燃費を稼ぐことが出来る。

これは高速道路に限らないのだが、新型アコードハイブリッドのハイブリッドシステムを体感した第一印象は、「アウトランダーPHEV」に乗って感じたのと同じく「ハイブリッドカーも新しい時代に入った」という感想であった。これまでのハイブリッドカーとは大きく異なるのだ。

圏央道 高滝湖PAにて、新型アコードハイブリッド東京湾アクアラインを走行中の新型アコードハイブリッド

新型アコードハイブリッドは、動力性能も非常に高い。高速道路の合流や追い越し加速でアクセル全開を試すと瞬時にたいていの人が「これは速い!」と唸るほどの瞬発力を持っている。

私的には、ホンダが主張する3リッターV6を超える動力性能を感じた。

今回、燃費テストで拝借した上級グレードの「EX」には、追突軽減ブレーキも含む「アダプティブクルーズコントロール」が装備されているので、こちらも試してみた。

アダプティブクルーズコントロールは、40km/h~100km/hの速度域で作動するため市街地などでは使えない。主にバイパス道路や高速道路向けだ。

アダプティブクルーズコントロールを使用した走行では、減速は及第点なのだが加速については急加速を伴う傾向があり、「運転が上手、制御が良い」と感じることは出来なかった。

ホンダ 新型アコードハイブリッド 高速道路の実燃費は「22.2km/L」でした

そして、注目の燃費は「22.2km/L」を記録。

ビッグセダンのハイブリッドという意味でライバルの1台となるクラウンハイブリッドを10%近く上回った(ご参考:トヨタ クラウンアスリート ハイブリッド 2.5G 燃費レポート【高速道路編】)。これだけ大きなクルマがこの燃費で走れれば、驚きを覚える人がほとんどだろう。

ホンダ 新型アコードハイブリッド 高速道路の実燃費/22.2km/L

ホンダ アコードハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ アコードハイブリッド の関連記事

ホンダ アコードハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ アコードハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ アコードハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円