autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート 2ページ目

燃費レポート 2013/8/14 17:54

VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート(2/5)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一/オートックワン編集部
VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート

VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート【高速道路編】

ゴルフ7は別の機会にも試乗していたが、今回の燃費テストで改めて「静かなクルマだなぁ」と感じた。この点だけでもゴルフのプレミアム性がさらにアップしていることが実感できる。

フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)高速道路の燃費テストで湾岸線を走行中フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)高速道路の燃費テスト中

静粛性の高さもあって、高速道路での走行は実に快適。トップギアとなる7速での100km/h走行時のエンジン回転数は2,100回転だった。

TSIコンフォートライン、TSIハイラインには標準装備されている「アダプティブクルーズコントロール」を試してみたが、その加減速は滑らかで完成度は非常に高い。

アダプティブクルーズコントロールは、TSIトレンドラインでオプション装着することをお勧めしたいが、それによりTSIコンフォートラインとの差額が縮まることを考えるならば、初めからTSIコンフォートラインを選んだ方が良いだろう。

数少ない難点としては、ポンピングロス(アクセル操作による出力調整を最終的にスロットルバルブで行うことによって起きる抵抗)が非常に少なく、燃費がいいことの副作用として起きるエンジンブレーキの効きの弱さが挙げられる。

これは最近の燃費のいいクルマではやむを得ないこととなっているので、シフトダウンで対応すれば問題ないだろう。

なお、1.4リッターのTSIハイラインには前述した気筒休止システムに加え、TSIハイラインに装備されるドライブモード選択からエコモードを選ぶと、アクセルオフ時にエンジンブレーキではなくDSGのクラッチを切り離し、空走状態(ギアをニュートラルにして走るのと同じ、ブレーキペダルを踏めばギアが繋がってエンジンブレーキが効く)にして燃費を稼ぐ機能も備わる。

フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)高速道路での燃費は「19.2km/L」でしたフォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)高速道路の燃費テストで湾岸線を走行中

この区間での燃費は「19.2km/L」を記録した。

絶対的には申し分のない燃費だが、過去のテスト結果を振り返るとエンジン車の場合、高速区間ではカタログに載るJC08モード燃費を上回るケースが多い(ゴルフ 1.2TSIのJC08モード燃費は「21.0km/L」)ことを考えると、ちょっと物足りなさを感じる方もいるかもしれない。

見方によっては数値が振るわないようにも見える要因としては、高速道路区間の首都高速湾岸線で軽い渋滞に遭遇したことが挙げられる。

渋滞がなければ、カタログ発表の21.0km/L程度は期待出来そうな感覚だった。

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ7 高速道路の実燃費/19.2km/L

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円