autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート

燃費レポート 2013/8/14 17:54

VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート(1/5)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一/オートックワン編集部
VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート

VW 新型ゴルフ7 TSIコンフォートライン 燃費レポート

フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)フロントイメージフォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)リアイメージ

「Cセグメント」において世界的なベンチマークとなっているゴルフ。そんなゴルフの7代目(以下「ゴルフ7」)が、今年の5月に発売された。

新型ゴルフ7と先代モデルのゴルフ6との最も大きな違いは「プラットフォーム」にある。

ゴルフ5からキャリーオーバーしたプラットフォームを使用しているゴルフ6に対し、ゴルフ7では「MQB」と呼ばれる拡張性の広い新プラットフォームを採用したことだ。

「MQB」は今後、横置きエンジン搭載車に幅広く展開されることになっており、VWとしては初期の開発投資は莫大なものとなる代わりに、MQBで年間約400万台のクルマを生産する計画を立てている。莫大な投資も、莫大な台数で割れば割安になるという考え方だ。

そして、そこで浮いたコストはよりハイクオリティなクルマを提供するために使おうという目論みなのだろう。

ゴルフ7の技術的な見どころは数多くあるが、その中でも特に強調したいのが「軽量化」。

軽量化の範囲はボディや足回りなど広範囲に渡り、(グレードによって異なるが)最大でなんと約100kgもの軽量化が図られている。それによって、燃費や運動性能の向上などに大きく貢献している。

パワートレーンに関しては、VWの燃費向上デバイスの筆頭であるダウンサイジングターボの「TSIエンジン」+ツインクラッチミッションの「DSG」コンビというのは従来通り。

フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)1.2リッターエンジン

しかし、ゴルフ7のエンジンは排気量こそ1.2リッターと1.4リッターという従来通りの2ラインナップで変わらないものの、1.2、1.4共に新開発のエンジンが搭載されている。

1.2リッターエンジンはSOHCからDOHC化され、1.4リッターエンジンもアルミブロック化されて22kgも軽量化されている上に、ACT(アクティブシリンダーマネージメント)と呼ばれる巡航時に代表される低負荷時には4気筒のうち2気筒を休止する気筒休止システムも搭載され、燃費の向上に寄与している。

シャシー関係ではリアサスペンションが1.2リッター/半独立型のトレーリングアーム、1.4リッター/4リンクマルチリンクという異なる形式が使われている点が注目ポイント。1.4リッターにはダンパーや電動パワステのセッティングを「ノーマル」「コンフォート」「スポーツ」の3つから選択できる「DCC」もオプション設定されている。

安全装備も非常に充実している。レーダーで前方を監視し完全停止まで対応する「アダプティブクルーズコントロール」のほか、「ACC」「プリクラッシュブレーキ」「フロントアシストプラス」「レーンキープアシストシステム」「レーンアシスト」など多数のデバイスが用意されており、これらの装備がオプション設定を含めればすべてのグレードで完備出来ることも高く評価できる。

日本仕様のグレード体系は、1.2リッターは「TSIトレンドライン」(ベースグレード)と「TSIコンフォートライン」(売れ筋グレード)の2グレードで、1.4リッターは「TSIハイライン」(最上級グレード)という計3グレード構成。

フォルクスワーゲン ゴルフ7(TSIコンフォートライン)オートックワン前にて撮影

今回のテストでは1.2リッターの「TSIコンフォートライン」を使用した。

今回の燃費テストは、これまでと変わらず「市街地」「郊外」「高速道路」と3パターンの道路状況で燃費を計測。

走行ルートも変更はなく、東京都港区にあるオートックワン編集部を朝10時頃出発、高速道路で湾岸~アクアラインを通過して千葉県茂原市方面に向かい、その後一般道でオートックワン編集部へ夕方に戻るというおよそ150kmの設定。

なお、8月7日に行ったテスト当日の天候は、車載の気温計が「35℃」を超える時間帯も多いほどの猛暑日で、同時に次回燃費レポートを掲載予定の「ホンダ アコードハイブリッド」も同時に走行させている。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円