ボルボ ボルボ、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開の「ボルボ・コンセプト・クーペ」を展示

記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 ボルボ ボルボ、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開の「ボルボ・コンセプト・クーペ」を展示

ボルボ、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開の「ボルボ・コンセプト・クーペ」を展示

ボルボ、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開の「ボルボ・コンセプト・クーペ」を展示

ボルボ・カー・ジャパンは、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開のコンセプトカーをはじめとする、7台の車両を展示すると発表した。

今回の出展の目玉となる「ボルボ・コンセプト・クーペ」は、新しいボルボ・デザイン部門のトップ、トーマス・インゲンラート氏の下でデザインされたエレガントなクーペで、新プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」の特徴を生かした新世代のボルボ・デザインの可能性を示唆するコンセプトカーである。

パワートレインは、スーパーチャージャーとターボチャージャーの双方を備える新開発の4気筒2.0リッターエンジンと、車体後部に搭載する電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムで構成されており、システム全体で約400hpの最高出力と600Nm以上の最大トルクを発生する。

会場には、60シリーズの最新モデル「R-DESIGN」や、人気のプレミアムコンパクト「V40」など、計7台を展示。ブーススタンドは最新のボルボショールームコンセプト「VRE(Volvo Retail Experience)」を反映したスカンジナビアンテイスト溢れるデザインを採用し、スウェーデンの心地よいリビング空間を再現。ブース中央には、ヒューマン・セーフティ(歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避軽減フルオートブレーキシステム)の仕組みを解説するエリアを設けるとしている。

展示車両一覧

ボディカラー

Concept Coupé

特別色

S60 T6 AWD R-DESIGN

パッションレッド

V60 T4 R-DESIGN

パッションレッド

XC60 T6 AWD R-DESIGN

パッションレッド

V40 T5 R-DESIGN

パッションレッド

V40 CROSS COUNTRY T5 AWD

クリスタルホワイトパール

V40 T4 SE

ミスティブルーメタリック

◎関連記事

■ボルボ 新型S60/V60 R-DESIGN [2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

■ボルボ V60・XC60[2014年マイナーチェンジモデル]試乗レポート/森口将之

■ボルボ 新型 V40 T5 R-DESIGN 試乗レポート/岡本幸一郎

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 ボルボ、「東京モーターショー2013」に、アジア初公開の「ボルボ・コンセプト・クーペ」を展示
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 ボルボ 記事一覧

東京モーターショー2013 ボルボに関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ