BMW BMW「東京モーターショー2013」の出展概要を発表

記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 BMW/アルピナ BMW「東京モーターショー2013」の出展概要を発表

BMW「東京モーターショー2013」の出展概要を発表

BMW「東京モーターショー2013」の出展概要を発表

BMWは、2013年11月22日から12月1日まで開催される「第43回東京モーターショー2013」の出展概要を発表した。

BMWの「東京モーターショー2013」におけるテーマは『個人のためのモビリティの新時代の幕開け、ミドルクラス・セグメントで最も美しいモデル、極限におけるスポーティな駆けぬける歓びの魅力、これらはプレミアム・カー・メーカー』としている。

電気だけで走る「BMW i3(アイ・スリー)」とプラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「BMW i8(アイ・エイト)」を日本にお披露目し、また「BMW 4シリーズ カブリオレ」を世界で初公開。

さらに新世代の卓越した高性能スポーツカー「BMWコンセプトM4(エム・フォー)クーペ」を一足先に見ることができる。また、「BMW X5(エックス・ファイブ)」や「BMWコンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」、さらにモーターサイクル「BMW R nineT(アール・ナインティ)」も、アジアでのモーターショーに初めて登場する。

BMW 4シリーズ カブリオレ:オープン・ドライビングの駆けぬける歓びを再定義

世界で初めて公開される「BMW 4シリーズ カブリオレ」によって、オープン・ドライビングの駆けぬける歓びは新たな時代の幕開けを迎える。

このオープン・トップの4シーターの美しく独創的なデザインは、同じくミドルクラス・モデルのBMW 3シリーズと比べても明らかに際立っている。

美しいスタイリングだけでなく、先代モデルである3シリーズ カブリオレと比べて明らかに大きくなったボディ・サイズが、「BMW 4シリーズカブリオレ」に表情豊かな存在感を与えている。3分割方式を採用したリトラクタブル・ハードトップは、年間を通して優れた快適性と実用性を保証。ハードトップを閉めた状態では優れた遮音性を発揮し、開けるときはボタン操作ひとつでわずか20秒以内に全開にすることがでる。

「BMW 4 シリーズ カブリオレ」は、ドイツ本国での市場導入時には、最高出力域で135 kW(184 ps)~ 225 kW(306 ps)をカバーする、直列6気筒ガソリン・エンジン、4気筒ガソリン・エンジン、および4気筒ディーゼル・エンジンが設定される。

BMW i3

BMW iブランドは、ブランド初の量産型電気自動車と、現時点における世界で最も進歩的なスポーツカーという2つのコンセプトによって、未来志向で、かつ幅広い分野にわたる車両コンセプトを披露する。

これら2つのモデルは、いずれもサステイナビリティに焦点を当てたプレミアムなキャラクターの新たなカタチを提示。電気モーターとリチウムイオン高電圧バッテリーは、それぞれのモデルの用途に合わせてBMWグループが開発。

BMW iのクルマのためだけに考案されたもうひとつの特徴が炭素繊維強化樹脂(CFRP)製パッセンジャーセルを含むライフドライブ・アーキテクチャーであり、これが軽量化に大きく貢献している。

「BMW i3」の日本市場の導入は2014年春を予定しており、ゼロ・エミッションのモビリティのためにゼロから開発された純粋な電気自動車では初のプレミアム・カーとなる。

このBMW i特有のデザインをまとった5ドア・モデルは、4つのシートを持ち、ゆったりした車内空間を提供。最高出力125 kW(170 ps)の電気モーターで駆動され、日常使用における航続距離は130~160 km。2気筒ガソリン・エンジンを装備するオプションのレンジ・エクステンダーを搭載すると、航続距離は300 kmまで延ばすことができる。

BMW i8

新世代スポーツカーの「BMW i8」も、同じく2014年に市場導入する予定。このモデルは高性能スポーツカーに匹敵する運動性能と、コンパクト・カー並みの燃費・排出ガス値を兼ね備えている。

「BMW i8」は、先進的なデザインとインテリジェント・ライトウエイト構造を備えた2+2シーター・モデルであり、都市部におけるゼロ・エミッション走行を実現するだけでなく、ハイウェイでのスポーティなパフォーマンスも可能にする。

このクルマのプラグイン・ハイブリッド・システムは、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した最高出力170 kW(231 ps)の3気筒ガソリン・エンジンと、BMW eDriveテクノロジーを採用した出力96 kW(131 ps)の電気モーターで構成されている。

この2つのパワー・ユニットからのパワーにより、「BMW i8」は発進から時速100 キロまでをわずか4.4秒で加速。プラグイン・ハイブリッド車のための欧州テストサイクルでの平均燃費は100 km 走行あたり2.5リッターで、CO2排出量は1 km走行あたり59 g。

BMW X5:完璧さを極めたスポーツ・アクティビティ・ビークル

「BMW X5」 は世界初の、そして今日でも最高のスポーツ・アクティビティ・ビークル (SAV)。この第三世代の「BMW X5」は、その独特かつ空力特性を最適化させたエクステリア・デザインにより、EU仕様車値において先代モデルとの比較で最大約90 kgの軽量化を実現、さらに、従来以上に革新的かつ充実したドライバー・アシスタント・システムが用意されている。「BMW X5」は、これまで以上に豪華で多様性をあわせ持つだけでなく、走行性能をより一層高め、さらなる低燃費化を実現した。

BMWコンセプト アクティブ ツアラー アウトドア:革新的なコンセプト、先進的な駆動システム、革新的な細部へのこだわり

「BMWコンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」は、コンパクト・セグメント・モデルの新たな要件に対してベストなソリューションを提案。最先端のプラグイン・ハイブリッド・システムを搭載したこのBMWの新たなコンパクト・サイズのコンセプト・モデルは、様々な用途に対応可能なフレキシブルな室内空間をあわせ持ち、さらにBMWならではの駆けぬける歓びを提供し、なおかつ、それを犠牲にすることなく、様々なレジャー活動のためのスマートなアイデアが盛り込まれている。

BMWコンセプトM4クーペ:濃縮されたレーシングカーの遺伝子

BMW Mモデルならではのハイ・パフォーマンスなキャラクターの「BMWコンセプトM4クーペ」を「東京モーターショー2013」に出展。

突出した運動性能を予感させる躍動感あふれるデザインに、レーシングカーの遺伝子と日常の足としても利用できる実用性をあわせ持ち、感性を刺激するBMW Mモデル特有のコンセプトを実現。大きなエア・インテークを持つパワフルな造形のフロント・エンド、ダイナミックにラインが走るサイド・ビュー、そしてスポーティでフラットなリヤ・エンドのデザインが、BMWコンセプトM4クーペの驚異的なパフォーマンスを具現化している。

さらに、フロント・スプリッター、ルーフ、リヤ・ディフューザーなどに炭素繊維強化樹脂(CFRP)を採用した徹底したライトウエイト・デザインが、このモデルの魅力的なパフォーマンスをさらに高めている。

◎関連記事

■BMW 新型X5 試乗レポート/九島辰也

■BMW 4シリーズクーペ 試乗レポート/岡本幸一郎

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 BMW「東京モーターショー2013」の出展概要を発表
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 BMW/アルピナ 記事一覧

東京モーターショー2013 BMW/アルピナに関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ