記事・レポート 特集 モーターショー 東京モーターショー 2013 アルパイン 【東京モーターショー2013 現地速報】アルパインブースではドライバーの視線や動きを読みとる近未来コックピットを展示!

【東京モーターショー2013 現地速報】アルパインブースではドライバーの視線や動きを読みとる近未来コックピットを展示!

【東京モーターショー2013 現地速報】アルパインブースではドライバーの視線や動きを読みとる近未来コックピットを展示!

カーナビやカービジュアルメーカーのアルパインは、今回の東京モーターショーで「人は気持ちが動くと、手が動く」をテーマとしている。

そこで、最新カーナビの展示以外に、ブース内にクルマとの一体感を感じられる近未来のコックピットを設置。

これは、クルマ側がドライバーの視線や動きを読み取ることで、必要な情報をコントロールし、ドライバーの気持ちに答えるべく、さまざまな機能を作動させて、運転をより快適で安全なものにするというシステムである。

たとえば、ドライバーのジェスチャー操作をカメラで検出することで、直感的な操作や操作時間の短縮を実現。また、ドライバーの視線を認識して行動予測したり、ドライバーの状態やシーンに応じたコンテンツの最適表示まで行ってくれる。

さらには、スマートフォンのワイヤレス充電や近接通信によるスマホリンクを実現するなど、今回のアルパインブースでは、これまで想像したこともなかった“未来のドライブ”を体感することができるだろう。

  • 1

Facebookからコメント

  1. Page1 【東京モーターショー2013 現地速報】アルパインブースではドライバーの視線や動きを読みとる近未来コックピットを展示!
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

東京モーターショー2013 アルパイン 記事一覧

東京モーターショー2013 アルパインに関連する全ての記事を見る

東京モーターショー2013 主要参加企業

オートックワンのモーターショー特集ページ