autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead femme×オートックワン】-ahead 1月号-弁天様と江の島と

特別企画 2012/1/18 13:45

【ahead femme×オートックワン】-ahead 1月号-弁天様と江の島と(1/4)

関連: 三菱 RVR
【ahead femme×オートックワン】-ahead 1月号-弁天様と江の島と

弁天様と江の島と

べんてん様は、おんなの神様。

美しいけど嫉妬ぶかい、別れさせたり、結んでみたり

男女の仲も気分しだい。

でも憎めないのはなぜだろう。

べんてん様を味方につけて、ハッピーな1年を過ごしたい。

さぁ、べんてん様のいる江の島へ…。

ahead femme -弁天様と江の島と-ahead femme -弁天様と江の島と-

終業のベルが鳴り終わると、にわかに教室はざわめきに包まれはじめる。仲良しのクラスメイトがやってきて、まだ”ウォークマン”と呼ばれていた頃の携帯音楽プレイヤーから、片方のイヤホンを差し出した。

中学校では持込みがNGだったそれを、私たちは肩寄せ合って聴いた。甘くささやくような、それでいてちょっと擦れた声が、メロディに溶けていく。目を閉じると見たことのない海、砂浜、せつなく微笑む美女の物語が、浮かんでは消えた。その声が、私に「江の島」という地名を教えてくれたのを思い出す。

教科書の中で、なぜか源頼朝に惹かれた私は鎌倉に憧れた。

15歳の夏、クラスメイトと連れ立って鎌倉巡りをしたあと、一度乗りたかった江ノ電に揺られ、その窓から初めて江の島を見た。ぷっくりと湾から突き出ていて、緑がこんもりとして、なんだか可愛らしい。けれど、どこか凛とした空気と、奥ゆかしさが混ざり合う不思議なオーラをもつ島だなと、惹きつけられた覚えがある。

もう20年ほど前のことだが、当時はファッション誌などで江の島観光がもてはやされ、私のイメージはすっかり「サーファー、エスカー(江の島エスカー)、しらす丼!」と軽いノリで洗脳されていたから、よけいにそのギャップが心に残ったのかもしれない。

そんな江の島の歴史を紐解くと、もっともっと想像以上に深い。関わりのある人物だけでも、日蓮、空海、源頼朝に北条時政、徳川家康と、ひれ伏したくなる面々が並ぶ。伝えられるところによると、聖徳太子よりも前の時代、欽明天皇の勅命によって島の洞窟に神様が祀られたらしい。

参詣のみならず僧侶の修行の地としても名を馳せ、のちの鎌倉時代には真言宗の僧侶だった文覚が、源頼朝の願いによって弁財天を勧請し、頼朝は鳥居を奉納したという。その後も海の神、水の神、芸道上達を司る神と仰がれ、聖域として保護されてきた。それが、明治初頭の神仏分離の命によって名を改め、現在の江島神社となっているようだ。

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 RVR の関連記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22