autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 RVR ユーザー試乗レポート 7ページ目

試乗レポート 2010/05/20 21:15

三菱 RVR ユーザー試乗レポート(7/8)

関連: 三菱 RVR Text: 藤島 知子 Photo: 島村栄二
三菱 RVR ユーザー試乗レポート

後席の人も見晴らしが良さそうなのがイイですね!(布施さん)

ランエボⅣやハリアー、RX-8にランエボⅩなど、走り大好きオーラが伝わってくる布施さん。車内に乗り込んだかと思うと、ドライビングポジションをしっかりと整えていらっしゃいました。

藤島:スポーツカーにお乗りになっているだけあって、ドラポジの整えかたが丁寧ですね。

布施さん:RVRはハンドルが上下するだけでなく、前後に引けるタイプ(チルト&テレスコピックステアリング)なので、適切なポジションが整えやすいですね。

藤島:RVRはスポーツカーとは異なるジャンルのクルマですが、どんな印象ですか?

布施さん:ランエボに乗っていますが、じつは99%は一般道を走行しているのが現状です。RVRはアイポイントが高く、後ろの席の人も見晴らしが良さそうなのがいいですね。

クルマとの一体感が得られます。

藤島:走行フィールはいかがですか?

布施さん:パワステも違和感がなくて自然に扱えます。以前乗っていたハリヤーは、ワインディングをペースを上げて走るとロールが大きくて恐かったのですが、RVRはハンドル操作に手応えが感じられますし、フロントタイヤのインフォメーションをドライバーにしっかりと伝えてきてくれる感じがしました。

4WDについては、1.8Lエンジンだと、高速道路での合流で少々もたつく印象を受けます。もう少しパワーがあってもいいですね。

藤島:確かに、ハンドルの手応えについては、背が高いクルマの割りに、クルマとドライバーとの一体感が得られますよね。

RVRならOKしてくれるかも!?

布施さん:SUVとしては、マツダのCX-7が気に入ってハンコを押す手前までいったのですがダメでした。結局は高めの価格がネックとなり、家の大蔵大臣の許可が下りなかったのです(笑)。

藤島:お買い得感の高いRVRだったら、もしかしたら違った答えが返ってくるのかもしれませんね!

布施さん:実は私、エコカーに関わる機会が多いのです。そのせいか私もいつの間にか燃費を気にするようになってしまいまして(笑)

藤島:そういう意味では、RVRには減速時のエネルギーを利用してバッテリーに蓄える減速エネルギー回生がついていますよね。

布施さん:こうした機能も、ライバルたちと比較して、どちらを買おうか迷ったときには、購入動機に結びつくと思います。

藤島:大蔵大臣から許可が下りることを祈っています!

●三菱RVRを試乗した方々の評価はコチラ→日本版コンシューマーレポート三菱RVR編