autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 RVR 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2010/3/15 17:48

三菱 RVR 試乗レポート/藤島知子(2/2)

関連: 三菱 RVR Text: 藤島 知子 Photo: オートックワン編集部
三菱 RVR 試乗レポート/藤島知子

まるでセダンに乗っているかのような乗り心地

三菱 RVR

エンジンはギャラン フォルティスにも採用されている1.8リッター、そこに6速スポーツモード付きのCVTが組み合わされる。ここには、まどろっこしい違和感をもつCVTが落とす影はなく、変速ショックを感じさせない連続的な加速フィール、耳障りな高周波音を抑える工夫によって静粛性も高く、スムーズで快適なドライブを満喫することができる。

この手のモデルで、オンロードの走りをウリにするものは数多くあれど、RVRはまるでセダンをドライブしている感覚でスポーティなハンドリングを満喫できてしまうから驚くばかり。いっぽうで、乗り心地は比較的マイルドな方向からアプローチされているのも、同乗者にとっては快適性という観点でみて評価できるところ。

しなやかさと快適性、ドラマティックな走りという、相反する要素を両立させてしまうあたりは、クルマの乗り味を時間を掛けて煮詰めてきたのではないかと感じられるほどだった。

三菱 RVR

街乗り走行で40~60km/hを維持していると、エンジンはわずか1,100回転をキープ。車内の会話も自然と弾む。FF仕様は4WDと比べて70kgも鼻先が軽いとあって、出足の軽快さと自然な動きをみせる点では、ベストバランスな一台といえるのではないだろうか。

コンパクトSUV市場となれば、トヨタのRAV4やヴァンガード、日産ならデュアリスやX-TRAIL、VWならティグアンといった人気モデルがひしめき合う激戦区に挑むことになる。

各車は世界で勝負を掛けるだけあって、操縦安定性に力が注がれていたり、ファッション性に優れているクルマであったりして、各社が得意分野とする技術を上手に取り込むことで個性が際だっているように見える。

そんなモデルたちと比較したときにRVRの優位性をおさらいしてみると、4WDが設定されているモデルとしては、ゴツゴツ感を感じさせない滑らかな乗り心地が得られていることがひとつ。

三菱 RVR

そして、ステアリングは前後上下が調整できる機構で女性でもフィットしやすい運転姿勢がとれること。

乗り降りするさいには腰をそのままスライドさせて乗り込めるような気軽さも毎日使っていて快適だと感じられるポイント。そして、ギャラン フォルティス譲りのドラマティックな加速フィール、それに加えて荷物の積載性も視野にいれた使いやすさも見逃せない。

扱いやすいサイズとハッチバックの機能性が女性に人気を呼んでいるコンパクトSUV。それでいてRVRのプライスタグは178.5万円というお買い得感のある価格設定なのだ。

ポップなカラーで視線を集め、付き合いやすいサイズ感としなやかさ、快適性。これまで獲得しきれなかった女性ユーザーたちがどのような反応をみせるのか興味深いものだ。

三菱 RVR三菱 RVR三菱 RVR三菱 RVR三菱 RVR
筆者: 藤島 知子

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 RVR の関連記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18