autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/1/7 19:08

三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較(3/3)

三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較

【新型アウトランダー vs 新型スバル フォレスター ~走行性能徹底比較~】

三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー

走行安定性と乗り心地はどうだろう。

先代アウトランダーは、機敏に良く曲がる半面、後輪の接地性を損ないやすかった。開発者は、「当時の三菱車はスポーティな外観と運転感覚を重視しており、相対的に走行安定性が少し低かった」と振り返る。この不満が現行型では払拭され、操舵感は適度に穏やかで走行安定性も高い。

乗り心地も大幅に向上。18インチタイヤを履きながら、硬さを感じさせない。外観と同様の変化が操舵感、走行安定性、乗り心地にも当てはまる。

新型アウトランダーを買う時に迷うのは、8.4万円でオプション設定されるS-AWC&アクティブ・ヨー・コントロールではなかろうか。前輪側にアクティブフロントデフを装着し、前輪左右の駆動力配分を可変させ、片輪が空転した時にはブレーキも作動させて駆動力の伝達効率を確保する仕組みだ。

具体的な効果が明確に分かるのは、峠道を積極的に走るような状況。速度を高めて曲がろうとすれば旋回軌跡が拡大するが、S-AWC&アクティブ・ヨー・コントロールが装着されていると、操舵角に忠実に回り込む。車両重量が1500kgを超える高重心のボディには、有効な安全装備だ。8.4万円のオプション価格は安価とはいえず、できれば標準装着して欲しいが、安全性を重視するなら装着する価値は高い。

スバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスター

新型フォレスターの走行安定性や乗り心地はどうか。

先代型に比べて車両の動き方がマイルドになったが、新型アウトランダーに比べると機敏な印象だ。ターボの2.0XTには注意したい。乗り心地が硬く、改善の余地を残す。同じ18インチタイヤを履きながら、2.0i-Sアイサイトの方が快適に仕上げた。

日常的な移動における快適性も踏まえると、フォレスターで走りのバランスが最も高いのは2.0i-Lアイサイト。17インチタイヤは路面のデコボコを上手に吸収する。操舵感は少し大人しいが、走行安定性は良い。水平対向エンジンは、さまざまな面でメリットをもたらしている。

両車の運転感覚の違いを挙げると、走行安定性は同程度。機敏に曲がるのは新型フォレスターで、乗り心地は新型アウトランダーが少し快適だ。実力を総合的に見れば互角になる。

【新型アウトランダー vs 新型スバル フォレスター ~ドライバーアシスト機能徹底比較~】

三菱 新型アウトランダー
三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー

この2車を選ぶ大きなメリットは、衝突の被害を軽減したり、事故を未然に防ぐ機能を充実させたこと。

新型フォレスターはアイサイト、新型アウトランダーはe-アシストを用意する。 アイサイトは2個のCCDカメラ、新型アウトランダーはミリ波レーダーとカメラというメカニズムの差はあるが、効果は似ている。

両車ともレーダーやカメラを使って車両が前方を監視。衝突の危険が迫るとドライバーに警報を発し、衝突不可避の状態では自動的にブレーキも作動する。相手車両との速度差が時速30km以下の時は、衝突の回避も可能だ。

また、車線の逸脱を警報する機能も採用。快適装備としては、車間距離を自動制御するクルーズコントロールの機能も備わる。停止状態まで含め、ドライバーがペダル操作を行わずに追従走行することが可能だ。

この共通点を踏まえた上で違いを挙げると、新型フォレスターのアイサイトは、カメラ映像の解析によって対象物を把握するため、歩行者や自転車まで認識できること。新型アウトランダーのミリ波レーダー方式では、歩行者や自転車は反射が弱く認識しにくい。カメラも備わるが、路面の白線を検知して車線逸脱の警報として機能する。

また、新型フォレスターのアイサイトには、前方の障害物に向けて発進しようとした時、ペダルの踏み間違いなどの誤操作と判断すれば、エンジン出力を抑えるAT誤発進抑制制御も備わる。先行車の発進に気付かず停止状態が続くと、ドライバーに知らせてくれる「先行車発進お知らせ機能」も設定。車線逸脱警報に準じた働きとして、車両のふらつきも警報する。アイサイトはキャリアが長いこともあり、機能が幅広い。そこでe-アシストは価格を抑え、アイサイトの10.5万円に対してオートライトまで含めて9.5万円の価格アップとなった。

【新型アウトランダー vs 新型スバル フォレスター 総合評価】

三菱 新型アウトランダースバル 新型フォレスター

推奨グレードと車両価格は、新型フォレスターは2.0i-Lアイサイトで250万9500円。新型アウトランダーは24Gセーフティパッケージ(e-アシスト付き)で278万7000円。新型アウトランダーが27万7500円高いが、新型フォレスターではオプション設定となるサイド&カーテンエアバッグなどが標準装着される。これらを補正すると、実質的な価格差は15万円くらいだ。排気量の違い、3列目シートの装着を考えれば、新型アウトランダーの15万円アップは妥当だろう。買い得感は拮抗する。

以上の話を整理して両車の選び方をまとめると、新型フォレスターは機敏でスポーティーな運転感覚、リアシートの快適な座り心地などを重視するユーザーに適する。峠道での運転も楽しい。

一方、新型アウトランダーは、快適な乗り心地、上質な内装、3列目シートの装着に基づく多人数乗車の機能などが特徴だ。高速道路を使った長距離ドライブに適する。買い得感は同等だから、試乗して判断するのが良いと思う。

三菱 アウトランダー 関連ページ

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダー の関連記事

三菱 アウトランダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダー の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダー の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24