autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2013/1/7 19:08

三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較(2/3)

三菱 新型アウトランダー vs スバル 新型フォレスター どっちが買い!?徹底比較

【新型アウトランダー vs 新型スバル フォレスター ~インテリア徹底比較~】

三菱 新型アウトランダースバル 新型フォレスター

インテリアは、エクステリアと同様に新型アウトランダーが質感を向上。インパネの中央には、ピアノブラックと呼ばれる光沢のあるパネルを装着する。新型フォレスターはもともと質感が高かったが、新型アウトランダーに少し追い越された。

操作性や視認性も新型アウトランダーが勝る。カーナビの画面は新型フォレスターでは若干低い位置に装着されるが、新型アウトランダーはメーターの左脇。エアコンのスイッチも高い位置に備わり、自然な感覚で扱える。

フロントシートの居住性は、両車ともに互角だ。サイズは十分に確保され、座り心地が柔軟なのは新型フォレスターだが、少し硬めの新型アウトランダーも快適。長距離ドライブにも適する。

リアシートは新型フォレスターが勝る。シートのサイズは互角だが、新型フォレスターが座り心地を柔軟に仕上げたからだ。体が少し沈んだ部分でしっかりと支え、走行中のサポート性も良好。新型アウトランダーは体がシートに沈みにくく、座面の角度も水平に近いので、着座姿勢が安定しにくい。

居住空間の広さは互角。身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先には、握りコブシ2つ以上の余裕を持たせた。頭上の空間も十分。大人4名が乗車しても広々感を味わえる。

新型アウトランダーで注目されるのは、荷室に折り畳み式の3列目シートが備わること。あくまでも補助席で、床と座面の間隔が乏しいから、大人が座ると大きく膝が持ち上がる。また、3列目の足元空間を確保するには、2列目を大きく前寄りにスライドさせねばならない。3列目の居住性をミニバンに当てはめれば、ウィッシュやプリウスαと同等か、少し下まわる。

それでも片道30分程度の移動なら、大人の6~7名乗車も可能だ。1年に数回、短距離を移動するためにミニバンを買うのはもったいない。趣味性を満足させられるSUVの中から、3列シート車を選ぶのも合理的だろう。

ちなみに3列のシートを備えた国産SUVは、新型アウトランダーのほかにはヴァンガード、ランドクルーザー、同プラド、パジェロ程度しかない。全幅が1800mm以内に収まって運転感覚が馴染みやすく、価格も割安なシティ派モデルは新型アウトランダーとヴァンガードだけだ。SUVにミニバン的な付加価値を求めるユーザーにとって、アウトランダーは貴重な選択肢になる。

三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー三菱 新型アウトランダー
スバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスター

【新型アウトランダー vs 新型スバル フォレスター ~動力性能徹底比較~】

スバル 新型フォレスター

エンジンは新型フォレスターが水平対向4気筒の2リッターを積み、ノーマルタイプとターボを用意した。ターボは直噴式を採用し、最高出力はノーマルタイプに比べて132馬力上まわる280馬力、最大トルクは15.7kg-m高まって35.7kg-mになる。動力性能は3.5リッター並みだ。

装備の違いを補正してエンジンの価格差を割り出すと約20万円。「100cc当たり2万円」の排気量相場に当てはめると、1.5リッター並みの出力向上ならば30万円に相当する。20万円の価格アップなら納得できるだろう。

もっとも、現行型のフォレスターはATが無段変速式のCVTになり、ノーマルエンジンでも動力性能の不足は感じない。燃費性能を考えても、ノーマルエンジンで十分だ。

運転して少し気になるのは、新型フォレスターのノーマルエンジンが若干高回転指向なこと。4000回転を超えた領域で車速の上昇が活発化する。最大トルクの20kg-mは4200回転で発生するが、4000回転以下に抑えるとさらに扱いやすい。

三菱 新型アウトランダー

一方、新型アウトランダーは2WDに2リッター、4WDには2.4リッターという組み合わせ。この選択は4WDの2.4リッターで決まりだろう。SUVである以上は4WDを選びたいし、2WDの20Gは価格の面でも買い得とはいえない。24Gに対して26.5万円安いが、「4WD+400cc」の違いとなれば、4WDの価格換算額が20万円、400ccの排気量換算が8万円として、20Gは24Gよりも28万円は安くしないと釣り合いが取れないからだ。

2.4リッターエンジンであれば動力性能は十分。新型フォレスターと同様に少し高回転指向だが、排気量に余裕があるから違和感はない。ただし、2300~3000回転付近のエンジンノイズは気になる。三菱の2~2.4リッターエンジンに共通して見られる特徴で、ノイズはもう少し抑えて欲しい。

新型フォレスターのノーマルエンジンと新型アウトランダーの2.4リッターで動力性能を競えば、当然ながら排気量に余裕のある新型アウトランダーがパワフル。ちなみに、JC08モード燃費は新型フォレスターが15.2km/L、新型アウトランダーは14.4km/Lだ。

三菱 アウトランダー 関連ページ

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダー の関連記事

三菱 アウトランダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダー の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダー の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18