autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 欧州でも大人気!カテゴリー別だとブッチギリNo.1 「アウトランダーPHEV」人気の理由

特別企画 2015/9/30 15:24

欧州でも大人気!カテゴリー別だとブッチギリNo.1 「アウトランダーPHEV」人気の理由(1/2)

欧州でも大人気!カテゴリー別だとブッチギリNo.1 「アウトランダーPHEV」人気の理由

環境意識が高い国こそ、選ばれる「PHEV」

三菱アウトランダーPHEV 2015年モデル三菱アウトランダーPHEV 2015年モデル

昨年6月、某国某車の試乗会のために、オランダの首都アムステルダムを訪れたときのこと。街中のあちこちに電気自動車やプラグインハイブリッド車のための充電ステーションが用意されていて、そこに三菱アウトランダーPHEVが当然のように停まっていることに驚かされた。

日本に戻って調べてみると、これは当然のシーンだった。同月のオランダの新車販売台数ランキングで、アウトランダーは堂々第2位に入っていたのだ。月によってはベストセラーの座に輝くこともあるとか。その多くはPHEVだという。

オランダは自転車が象徴しているように、ヨーロッパの中でも環境意識が高い国。その意識が、バッテリーだけで60.8㎞も走行可能で、電力を使い切っても2リッター直列4気筒エンジンが走行と充電をまかなってくれるというアウトランダーPHEVを選ばせたのだろう。

【画像ギャラリーを見る】

ちなみに充電式車両に話を限れば、もっとすごいデータもある。今年1~4月の欧州でのこのカテゴリーのランキングで、アウトランダーPHEVは2位の1.5倍もの差をつけてブッチギリの独走状態なのだ。

アメリカで売れている日本車はいくつかあるが、欧州で売れている日本車は珍しい。アウトランダーPHEVは数少ない例外なのである。

不満を一蹴するため、欧州プライスに見合ったクオリティを与えた

三菱アウトランダーPHEV 2015年モデル

だからこそ、現地では一部のユーザーから不満の声が聞かれた。

日本では359万6400円からと、内容を考えればバーゲンプライスだが、EUでは10%の関税が掛かることもあり、オランダでは4万1990ユーロ(9月29日現在/約594万円)に達する。BMW3シリーズのプラグインハイブリッド(4万3990ユーロ)に匹敵する高価格車だ。

そこで三菱自動車工業では今年6月、ガソリン車のアウトランダーともどもマイナーチェンジを実施。エクステリアやインテリアに、ヨーロッパでのプライスに見合ったクオリティを与えることにしたのだ。

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20