autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱SUV雪上試乗レポート/今井優杏 3ページ目

試乗レポート 2015/2/26 11:54

三菱SUV雪上試乗レポート/今井優杏(3/3)

三菱SUV雪上試乗レポート/今井優杏

PHEVの影にかくれているが、実は本当に良くできているアウトランダー(ガソリン)

三菱 アウトランダー

次に、同システムに加え、デリカD:5やRVRよりもひと世代進んだドライブモード切替が付き(新電子制御4WD)、さらに最新のAWCシステムS-AWCが搭載されたアウトランダー(ガソリン)。

2012年にデビューした新型アウトランダーには、従来(先に紹介したD:5とRVRなど)の電子制御4WDを進化させたものが搭載されている。ドライブモードは3種類で、「4WD ECO」「4WD AUTO」「4WD LOCK」の3つだ。従来のドライブモードには“2WD”というモードが搭載されていたが、その代わりに4WD ECOというモードが入る。といっても、常に四輪で駆動するわけではない。普段はちゃんとFFで駆動するというのは同じだ。ただし、従来モノよりもさらに制御が緻密に、さらに燃費と走破性を両立した仕上がりになっている。ちなみに今回のような圧雪路では4WD AUTOで完全にOK。路面が荒れてきたらカップリングのトルクをよりリアにかけてくれるので、コーナー出口までコントロールを失わなくて済む。

三菱 アウトランダー

さらにS-AWCはアクティブフロントデフ、電動パワーステアリング、ブレーキでヨー方向の動き、挙動の乱れを正すAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)が搭載される。このS-AWCはハンドルを切った方向にきちんとトラクションがかかるという世界初の技術だ。こちらも旋回の入り口でコーナー内側輪にブレーキをかける制御がなされるため、コーナリングはかなりリニア。思ったラインを思った方向になぞれる。

普段PHEVの影にかくれて、地味な存在感となっちゃってるガソリンエンジンのアウトランダーだが、実は本当に良くできたクルマだと恐れ入った。実は今回、取材陣に一番人気だったのがこの子だったのである。

限界まで失敗を防いでくれるという、お守り以上の信頼感「アウトランダーPHEV」

三菱 アウトランダーPHEV三菱 アウトランダーPHEV

とはいえ、やはりアウトランダーPHEVは突き抜けていた。

フロントとリアに独立したモーターを持ち、電気モノならではの瞬間的なレスポンスを生かして自由自在に前後のトルクを操れるというシステムは、機械的な結合がない分フリクションがなく、スッキリとしたフィールを味わえるのである。

もちろん加速時はモーター走行だから加速のキレ味も素晴らしいし、加速時、アクセルを踏み込んだときにフロントの荷重が浮くような場面でもスリップしてしまうようなことはない。その“瞬間的なトルク配分”を肌で感じられるのはコーナリングでも然り。システムや電池の重量分、ガソリンモデルよりも約300kgくらいの車重を持つPHEVだが、その重量を全く感じさせることのない、ドライ路面を走っているかのようなタイトなライン取りが可能なのである。

実はこのプログラムの一番最後に、お楽しみとしてタイムトライアルが開催された。その車両として私が選んだのがまさにこのPHEV。つまりそういうことだ。絶対に失敗できない場で限界まで失敗を防いでくれるという、お守り以上の信頼感を持っているということ。パジェロとは逆に、これは運転に自信のない人ほど選んでほしいAWC性能。家族を乗せるのに是非おすすめしたい一台となった。

三菱自動車雪上試乗会

まだまだ日本列島は雪に覆われる季節が続く。

一口に四輪駆動といっても、これだけの選択肢があるのだ。何人乗れるか、何を載せるかではなく、是非自分の走行シーンに合った四輪駆動を選んで、快適な悪路走行を楽しんでもらいたい。

筆者: 今井 優杏

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

三菱 パジェロ 関連ページ

三菱 デリカD:5 関連ページ

三菱 ランサーエボリューション 関連ページ

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24