autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗!

試乗レポート 2015/12/10 13:52

安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗!(1/2)

関連: 三菱 ミラージュ Text: 国沢 光宏 Photo: 三菱自動車工業株式会社
安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗!

「三菱 ミラージュ」がマイナーチェンジで質感を大幅に向上!

タイモーターエキスポ2015にて、マイナーチェンジが施された新型ミラージュタイモーターエキスポ2015にて、マイナーチェンジが施された新型ミラージュ

タイのモーターショーに行ったら「間もなく日本でも発売されるミラージュのマイナーチェンジモデルが用意できます」というので早速試乗を申し込んだ。

御存知の方も多いだろうけれど、日本に於けるミラージュの販売台数は好調と言えないまま推移している。本来なら売れ筋になっておかしくないコンパクトカーながら、直近の月販平均は300台前後といった感じ。

人気が出ない理由はいくつか挙げられる。

そもそも三菱自動車のブランドイメージが極端に薄くなっており、普通の人だとショッピングリストにあがってこない。

二つ目に質感。いわゆる「シボ」と呼ばれる樹脂内装材の色合いなのかプラスチッキーに見えたり、給油口の内側の塗装を省いたりしており、いかに安っぽい。給油口、今やスタンドもセルフなので皆さん気づく。

そして地味すぎるデザイン。ミラージュはタイの『ECOカー』というカテゴリーに属し、優遇税制の対象になっている。日産マーチもそうなのだけれど、コストを追求しすぎた結果、安っぽく見えてしまう。

質感の低さはタイでも不評らしく、マイナーチェンジを機にヴィッツやフィットに負けないよう大きく見直したのだという。

エクステリアは「ベーシックカーっぽさ」が消えた

三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)

なるほどメッキ、のフロントグリルにしてきた。

実車を見ると「いかにもベーシックカー」というイメージだった前期型とけっこう印象が違う。「カッコ良い!」と積極的に言えるレベルにこそなっていないものの、デザインで足を引っ張られることはなくなったと思う。

本来なら欧州コンパクトカーの如くスポーツグレードでも存在すれば大幅にイメージアップするのに。元気な頃の三菱だったらラリーカーのベースなんか作っただろう。

三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)

大きく改善されたインテリアに注目

三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)

ドアを開けるとインテリアの質感は外観よりさらに良くなっている。ナビパネルのピアノブラックだけでなく、樹脂の質感も改善された。

試乗車は上級グレードだったこともあり、日本で300万円以上するアウトランダーと共通の革巻きハンドルなんかも付いていた。

グーグルプレイのような液晶はタイ仕様のみ。日本もこういった情報端末を採用すればいいのに、と思う。

三菱 新型ミラージュ三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)

三菱 ミラージュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ミラージュ の関連記事

三菱 ミラージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ミラージュ の関連記事をもっと見る

三菱 ミラージュ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28