autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 MINICAB MiEV 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2011/12/14 13:43

三菱 MINICAB MiEV 試乗レポート(3/3)

三菱 MINICAB MiEV 試乗レポート

荷物をたくさん積んでも崩れ難いんです!

三菱 MINICAB MiEV三菱 MINICAB MiEV

試乗開始から1キロほど走ったところから今度は「Eco」レンジで走行してみた。こちらはパワーを抑えて電力消費を抑えるモードのため、「D」レンジに比べてパワフル感は落ちるものの、それでも街中では充分すぎるほどしっかりと走る。パワー不足の不満もこういったモードと割り切れば全く感じないし、むしろ上出来といえるほどだ。

もの足りなさをあえて言うのであれば、そこはやはり加速のときだけだろう。合流や、二車線道路などでの一瞬の空いたスペースめがけてサッと入りたいときなど、もたつきは多々あるが、そこはご愛嬌といきたい。そういう場合はすぐに「D」レンジへ戻しアクセルを踏み込めばOK。パワーを抑え燃費ならぬ電費に貢献する優れモードだけに、普段使いとしてはこのレンジでの走行をおススメしたい。

また、回生ブレーキを意味する「B」レンジにシフトを合わせれば、長い下り坂でスピードを抑えて走行でき、減速時にはより多くの充電が可能だ。それぞれの道路状況に応じてギアポジションをチェンジして走行することもEVの賢い利用方法のひとつ。まさに経済性を重視する方にはもってこいの活用方法といえる。

実はそんな効率的な費用対効果を求める企業のひとつとして、宅急便でおなじみのヤマト運輸では、このMINICAB-MiEVをすでに100台も導入を決定しており、すでに第一号が納車されている。実際に試乗したヤマト運輸の社員からは、揺れも少なくたくさん荷物を積載しても荷崩れしにくいという声が寄せられており、本格的に輸送面においての活躍が期待されていると、三菱自動車EVビジネス本部の貴志玲二氏は語る。

貴志氏によれば、法人以外でも実は一般ユーザーの方からの問い合わせも多く入っており、経済産業省や各都道府県の地方自治体からの補助金制度を利用すれば、ベースグレードの「CD 10.5kWh」が最大で67万円、上級グレードの「CD 16.0kWh」が最大で95万1千円も差し引かれるなど、かなり購入しやすくなるとのこと。

先日、i-MiEVも廉価グレードを新規投入するなど、垣根が徐々に取り払われてきたEV事情。日産やスズキからもMINICAB-MiEVのOEM供給の話が舞い込んでくるなど、軽EVへの本格的な参入に対して各社が目を輝かせていることは事実。それだけにこの分野の今後の成長には大きな期待が寄せられているのだ。まさにビジネスシーンから火がつく“EVブーム”という日が来るのもそう遠くないのかもしれない。

(TEXT:編集部 吉澤憲治)

三菱 ミニキャブミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ミニキャブミーブ の関連記事

三菱 ミニキャブミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ミニキャブミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 ミニキャブミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27