autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 三菱 新型軽自動車「eKスペース」新型車速報

新型車リリース速報 2014/2/13 22:18

三菱 新型軽自動車「eKスペース」新型車速報

関連: 三菱
三菱 新型軽自動車「eKスペース」新型車速報
三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会

三菱自動車工業は13日(木)、日産自動車との共同開発による新型軽自動車『eK スペース』の販売を開始した。

eKスペースは、日産との合弁会社「NMKV」より販売している軽自動車「eKワゴン/eKカスタム」の高品質感・使い勝手・運転のしやすさを踏襲し、スーパーハイトワゴンクラスの“良い軽”となるクルマ造りと、三菱が従来から「デリカ」シリーズで培ってきたミニバン作りのノウハウを融合させ、 快適に過ごせる居住空間に拘って企画・開発されたスーパーハイトワゴンモデル。

三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会

三菱では、スーパーハイトワゴンユーザーの特長として、特に居住性と快適性を重視している点に着目。そこでeKスペースは、登録車からの乗り換えにも対応すべく、クラストップの室内高・室内長を確保し、新たに快適で便利な機能「家族への33の思いやり機能」を搭載した。

注目は、スーパーハイトワゴンクラス初採用の「リアサーキュレーター」。これまで後席まで届かなかった空調が届くようになり、快適性がアップ。また、荷物の積み下ろしに便利な「ワンタッチ電動スライドドア」を同社の軽自動車では初採用。さらに、後席は軽自動車最長の26cmのスライドが 可能となり、こちらも快適性がアップしている。

eK スペースは、昨年末より先行受注を開始。既に月間販売目標台数である2500台の3倍となる、約7000台の受注を受けている。

三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会
三菱 eKスペース 発表会

発表会見で、三菱自動車工業 益子修社長は、「日産との合弁会社『NMKV』を通じた軽自動車販売は大きな比重を占めている。昨年発表した第1弾モデル『eKワゴン/eKカスタム』により、軽自動車市場での第4極の地位を確立した。今回発表した第2弾モデル『eKスペース』を加え、その地位を確固たる ものにしていく。」とコメントした。

また、今後の「NMKV」第3モデル以降については「軽の電気自動車や、軽で培った技術で海外に向けたモデルができないかなども検討中。今後、成果につなげていければ」と述べた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26