autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 三菱 i-MiEV エコラン大会レポート 4ページ目

イベントレポート 2010/6/7 15:45

三菱 i-MiEV エコラン大会レポート(4/4)

関連: 三菱 アイ・ミーブ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 i-MiEV エコラン大会レポート

オートックワンチームは特別賞を獲得!

三菱 i-MiEV エコラン

走っていくうちに、やはりどんどん航続可能距離もバッテリー残量も減っていく。

横浜のベイブリッジにさしかかるところで、航続可能距離計は23km、バッテリー残量計は4目盛りを表示。カーナビによると、この時点で目的地までの距離は36kmもある。

三菱 i-MiEV エコラン

そこで、やはり急速充電器のある大黒PAで、ちょっとだけ充電することにした。

7分ほど充電したところ、航続可能距離計の表示は、バッテリー残量計は6目盛りまで回復。これで三菱本社まで無事にたどりつくことができるはずだ。

三菱本社にもっと近い芝浦ICで首都高速を下り、もし時間に余裕があれば、新橋SL広場に立ち寄ってさらに2点をゲットしたかったところだったのだが、時間内に到着することを優先して、そのまま三菱本社を目指し、ゴール!

三菱 i-MiEV エコラン
三菱 i-MiEV エコラン三菱 i-MiEV エコラン

バッテリー残量計は3目盛りを表示していた。今回は、総走行距離をバッテリー残量計に表示される使用目盛り数で割った数字で電費を算出するのだが、我々オートックワンチームのトータルでの電費は7.6kmだった。

この数字は、3日間の同イベントを通して、全15チーム中においてちょうど真ん中ぐらいという成績だ。

ただし、効果的にポイントに立ち寄り、長い距離を走ったとのことで、特別賞の「ロングラン賞」をいただいた。ちなみに、中には一切ポイントに立ち寄らず、一般道のみを走って、かなりの好電費をマークしたチームもあったとか。

しまった!その手があったか~・・・というわけで、i-MiEVの新感覚のドライビングと、エコランの楽しさを味わった1日。航続距離に不安があるといわれる電気自動車だって、こんな感じで日帰りドライブを楽しむことができるのだ。もちろん、この間の環境負荷はゼロ。

また現在、急速充電器の設置場所がどんどん増えているところなので、近い将来は、場所の心配をすることなく、もっと手軽に充電できるようになるはずだ。

それにしても、けっきょくあとに成績として残るのは、やっぱり電費の数字なので、ウチもひたすら電費を狙ったほうが賢明だったかもしれないな~・・・(後悔)

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18