autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート オートックワンユーザー i-MiEV試乗会レポート 2ページ目

イベントレポート 2009/10/16 17:00

オートックワンユーザー i-MiEV試乗会レポート(2/5)

関連: 三菱 アイ・ミーブ Text: 竹岡 圭 Photo: オートックワン編集部
オートックワンユーザー i-MiEV試乗会レポート

軽とは思えない、2リッターでも得られない加速感

オートックワンユーザー i-MiEV試乗会/喜多さんオートックワンユーザー i-MiEV試乗会/喜多さん

お仕事の関係で、電気自動車が個人ユーザーにも広く普及するのかという点が、いちばん気になるという喜多さん。

走り出した瞬間「うわっ!速いっ!」と、ひと言。「ウワサで聞いていた通り、加速性能は軽とは思えないレベルですね。2リッタークラスでもこの加速感は得られないですよ」と、まずはクルマの性能に驚かれたご様子です。

初代のプリウスに乗られたことがあるそうですが、そのときは回生ブレーキのフィーリングにかなり違和感があったのだとか。「ブレーキはまったく気にならないフィーリングですね。技術の進化にビックリしました。それにこのパワーでもちゃんと止まるし」とのこと。その通り!

i-MiEVはリアミッドシップレイアウトを採用したiのパッケージングをそのまま流用しているため、ブレーキング時にノーズダイブが少なく、4輪がバランスよく接地した状態でブレーキが掛かるので、安定した制動力が得られるのです。

「ただ、大型車よりも小型車のほうがスピード感覚が増すじゃないですか。でも一方ではエンジン音がないから、速度感がわかりにくくて、いつの間にかスピードが乗っちゃっているんですよ。軽に慣れていないこともあって、80km/hを超える巡航はちょっと怖いかな。室内の広さや加速のよさ、走っているフィーリングはコンパクトカー以上のレベルで走りやすいけれど、やっぱり遠出より街乗り中心で考えたいっていう感じですよね」とのこと。

でも、自分で動かしたいところにクルマを持っていきやすいなぁ~と、i-MiEVの素直なハンドリングに結構運転を楽しんでらっしゃるみたい。

「乗り慣れてくるとDレンジの方がダイレクトに動いていいけれど、高速道路を走行していて電池が減ってきたらECOに切り替えるとか、考えながら走れていいですよね。ほら、ガソリン車でも高速道路なんかで燃料が減ってきたけど、次のスタンドまでは距離があるなんていうときは、超エコ運転するじゃないですか。そんなときのために、ガソリン車にもこういうスイッチがあったら面白いですよね~」という、ご提案までいただいてしまいました。

電気自動車のインフラ整備から見た視点

オートックワンユーザー i-MiEV試乗会/喜多さん

さて、ご試乗前にいちばん気にされていた、普及レベルに関してはどうお感じになられたのでしょうか?

「価格がもう少し安ければ買いたいですよね。現在の価格だと、一般ユーザーにはちょっと手が届かない。今後電気自動車のカタチがどうなるかによりますけど、自動車メーカーじゃなくても作れるようになれば、原付バイク並の価格のコモディティ化が進むのではないでしょうか。でもどの時点でどれくらい普及していくかが読めないので、電気自動車のインフラ整備等に関係している会社としては参入の時期は難しいですね」と、なかなか厳しいご意見。

でも喜多さんがおっしゃるように、セグウェイみたいなカタチのものまで含めると、移動ユニットの概念が変わり、普及は意外と早いかもしれませんね。

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21