autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/9/12 18:14

三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎(2/4)

関連: 三菱 アイ・ミーブ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎

新旧を乗り比べると違いは明白

三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G

試乗会会場には、旧型のi-MiEVも用意されていたので、まず新旧比較のため旧型に乗ったあと、Gをドライブ。回生ブレーキの制御が変更されているので、それによりどんな変化が見られるかをチェックした。

筆者はもともとi-MiEVについて、EVながらブレーキフィールが極めて自然で好感を持っていたのだが、新型では回生ブレーキを強める制御を採用したというので、なんらか違和感があるのではと心配だった。

ところが、それはまったく杞憂。 これまでとまったく変わらず自然な仕上がりとなっていた。 それでいて、パワーメーターを見ていると、旧型よりもシャキシャキと「Charge」側に大きく針が触れるのがわかる。これによりバッテリーにより多くの電力が蓄えられるおかげで、走行距離が大幅に伸びているわけだ。

三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G

試乗会会場にいた担当広報氏に聞いたところでは、新旧i-MiEVで箱根周辺を同じように約50km走って比較したところ、旧型ではバッテリー残量計が16目盛りあるうちの残り6目盛りだったのに対し、新型では9目盛りと、残量が3目盛りも違ったケースがあったらしい。この差は大きい。

もうひとつはASCの採用だ。旧型ではトラクションコントロールのみだったところ、新型では各輪のブレーキの制御が加わったわけだ。これにより恩恵が得られるのは、なにも限界域の非現実的な話ではない。

ごく普通に走っているぶんにはほとんど関係ないのだが、ちょっと強めにスラロームを試しても、作動していることを示すランプが点滅し、すでに走りにも違いが見られる。新型のほうが、より安定して破綻しそうにないように感じられるのだ。

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21