autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2008/12/24 23:08

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 試乗レポート(2/4)

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 試乗レポート

クーペの様なボディが躍動感を強調

サイドビュー

ギャラン・フォルティスに5ドアのスポーツバックが登場したのは、こうした経緯によるものだ。なにしろ初公開は日本ではなく、10月のパリ・モーターショーだったのだから。そのときの名前は「ランサー・スポーツバック」だったが、これはギャラン・フォルティスが欧米ではランサーの名前で売られるためで、中身は同じである。一般的に2ボックスは3ボックスより全長が短くなることが多い。

ところがスポーツバックのボディサイズは4,585×1,760×1,515㎜で、セダンより15㎜長く、25㎜背が高い。おかげでハッチバックとしてはリアゲートがゆったりスロープしていて、クーペのような印象だ。しかもフロントマスクはすべて、セダンではラリーアートにしか与えられない「ランエボ顔」。専用色のオレンジをはじめビビッドなボディカラーが多いためもあって、セダンよりはるかに躍動的に見える。

グレードもその性格づけを反映していて、コンフォート系のエクシードはなく、下からツーリング、スポーツ、ラリーアートの3タイプになる。エンジンはすべて2Lで、ツーリングとスポーツは154psの自然吸気にCVTで2WDと4WDが選択可能。ラリーアートは240psのターボエンジンとツインクラッチSSTを組み合わせた4WDのみとなる。

フロントビューリアビュー4気筒DOHCエンジンフロントシートメーター

三菱 ギャランフォルティススポーツバック 関連ページ

三菱 ギャランフォルティス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事

三菱 ギャランフォルティススポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事をもっと見る

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21