autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 新型車解説 3ページ目

新型車解説 2008/12/2 19:35

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 新型車解説(3/4)

三菱 ギャランフォルティス スポーツバック 新型車解説

使えるハッチバックとはこのこと

左後席可倒時

今回のスポーツバックの最大の特徴は、何と言ってもカーゴフロアだ。最大奥行き1,570mm×最大幅1,395mmのラゲッジスペースは、ワンタッチフォールディング機能を装備した6:4分割式のリアシートを倒すと、一瞬にフラットで広いラゲッジスペースへと早変わりする。スノーボードくらいの長物ならラクに積載可能である。ハッチゲートの傾斜が緩いので、他のハッチバック車のように、高さのある荷物は駄目なのかといえば、実はしっかりとその辺も考えられており、2段階の高さ調整ができるカーゴフロアというものを設定している。つまりこれは高さのある荷物も、このカーゴフロアをワンハンドルで一段(90mm)下げることにより、リアガラスに当たらず収納できてしまうというものだ。

だがこれはTOURING、SPORTのみの装備で、残念ながら最上級グレードの“RALLIART”には装備されていないのだ。その理由は、“RALLIART”のフルタイム4WD駆動の設計上、どうしても90mmのスペースを掘り下げることができなかったのだと開発者は言う。走りを優先設計している“RALLIART”には、ラゲッジの積載性は、二の次、三の次なのかもしれない。

ラゲッジスペース後席フル可倒時ラゲッジアンダーラゲッジアンダーボックススペアタイヤ

三菱 ギャランフォルティススポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事

三菱 ギャランフォルティススポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事をもっと見る

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22