autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 ギャランフォルティス ラリーアート 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/8/12 14:34

三菱 ギャランフォルティス ラリーアート 試乗レポート(3/4)

関連: 三菱 ギャランフォルティス Text: 日下部 保雄 Photo: 島村栄二
三菱 ギャランフォルティス ラリーアート 試乗レポート

日常使用でもガンガン回せる快感チューニング

シフト

フォルティス・ラリーアートはなかなか使いやすい。言ってみればランサー・エボリューションのドライビング・プレジャーを手軽に楽しめると言ったところか。

240PS/35kg-mとなったエンジン出力は低中速トルクがタップリしており、日常的に使う回転域はエボリューションⅩと変わらないトルクが出ているので、十分すぎると感じさせる。高回転ではさすがにエボリューションほどのパワーはないが、高回転まで回転の伸びも自然で伸びやかだ。ストレスはまったくない。

エボリューション譲りのツインクラッチは新世代のトランスミッションとして注目を集めているが、マニュアルシフトでもAUTOモードでも繋がりは滑らかで、エボリューションのようなサーキットモードのようなクイックシフトはない。しかしこのクルマの性格を考えれば十分ドライビングが楽しめ、またパワーとトランスミッションのコンビもなかなかスマートだ。

試乗

一方、本格的なAWDは高い安定性とハイレベルなグリップをもたらしているが、ハンドルの切り始めで前後左右デフの作動制限を感じるので、この辺はもう少し煮つめが必要かもしれない。

乗り心地は、ランエボのような突き上げの強さがない、適度な硬さだ。反面、コーナリングを考えると、タイヤをもうワンサイズ大きくしたいところだ。

タイヤはエボリューションⅩの245/40R18から215/45R18となっているが、高速でウネリなどを通過した際のダンピングが不足気味なのと、タイトコーナーではもう少しグリップが欲しい。惜しいことに、フロントフェンダーにはこれ以上大きなタイヤは入らないとのことだった。

エボリューションではフェンダーも大きくしている。しかしハイパワーながら余剰感のない出力特性とそれを支えるAWDシステム、ツインクラッチなど、ラリーアートはなかなかうまいところをついてくる。

三菱 ギャランフォルティス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ギャランフォルティス の関連記事

三菱 ギャランフォルティスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティス の関連記事をもっと見る

三菱 ギャランフォルティス の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27