autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 三菱自の燃費不正問題を受け、国交省が三菱車の公開試験を実施!試験結果は6月末に 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/5/2 17:28

三菱自の燃費不正問題を受け、国交省が三菱車の公開試験を実施!試験結果は6月末に(2/3)

関連: 三菱 eKワゴン Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
三菱自の燃費不正問題を受け、国交省が三菱車の公開試験を実施!試験結果は6月末に

8つの指定速度を一気にテストすることは事実上不可能

三菱自の燃費不正問題を受け、報道陣向けに交通研の自動車認証審査部が「惰行法」のデモを行った。

最初の指定速度90km/hに対応するため、バンクで加速した「ekカスタム」が直線路に戻って来て、100km/h超の時点でギアをニュートラルに入れた。

そして、95km/hに達した時点で、後席にいる担当者が計測スイッチを押す。さらに減速して、85km/hで計測スイッチを押す。この時点で、指定速度90km/hでの「惰行時間」が算出できた。

「ekカスタム」はそのまま惰行し、75km/h、65km/hと計測スイッチを押していくことで、指定速度80km/hと70km/hの「惰行時間」が取れた。

ただし、惰行が可能な直線路では、100km/h超で惰行を始めると、60km/hあたりで直線路が終わってしまう。

そのため、指定速度60km/hに対応するためには、初速を70km/h超で再度走り出す必要がある。その場合でも、最も低い指定速度20km/hに必要な15km/hまで惰行することができない。

結局、直線路1km程度のテストコースでは、90~20km/hまでの8つの指定速度を一気に計測することができないことが分かった。

国の規定では、8つの指定速度に対する計測を、「いくつに分けて良いのか」という規定はなく、自動車メーカー側の判断で決まる。

6つのデータの平均値

以上のような、8つの指定速度に対する惰行時間の計測は、直線路で(最低で)往路3回、(最低で)復路3回の計6回行い、その平均値をとる。

往復する理由は、風の影響を考慮したもの。規定では、直線路の方向に毎秒5m以下、直線路の垂直方向に毎秒2m以下としている。

こうして得られた8つの平均惰行時間から、走行抵抗を求める。

その計算式は、抵抗値=(1.035×試験車重量)÷(0.36×平均惰行時間)

これを、X軸に「速度」、Y軸に「走行抵抗値」とするグラフ化する。

その結果、(空気抵抗)×(速度の二乗)+ころがり抵抗、を導き出す。

こうした値を、シャーシダイナモに入力し、JC08モードでの実験を行うという流れだ。

三菱 eKワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 eKワゴン の関連記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連記事をもっと見る

三菱 eKワゴン の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24