autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/6/14 20:25

三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: 三菱 eKワゴン , 三菱 eKカスタム Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎

超・低燃費だが、動力性能はちと物足りない・・・

三菱 新型 eKワゴン「G」[2WD]

新型 三菱 eKワゴンで物足りないのは動力性能だ。最高出力は49馬力/6500回転、最大トルクは5.7kg-m/5500回転になり、車両重量は830kg。ボディの重さに対して実用回転域の駆動力が乏しく感じる。エンジンの基本は「三菱 i(アイ)」に搭載されるMIVEC(可変バルブタイミング機能)を備えたタイプだが、大幅に造り替えて低燃費指向とした。登坂路が多い地域に住むユーザーは、試乗車で坂道を登って確認したい。最大トルクの数値自体も控え目だが、発生回転数を4000回転以下に抑えるだけで、運転感覚は向上するだろう。

エンジンの回転感覚は満足できる。ノイズや振動もさほど気にならない。アイドリングストップは、停車前でも時速13km以下になると作動。エンジンを止める時間を長引かせ、燃費性能を向上させた。

モアパワーを求めるなら「eKカスタム T」がオススメ

三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール]

動力性能を高めたいなら、「eKカスタム」の「T」を検討する手もある。eKカスタムは、eKワゴンと同じボディを使いながら、エアロパーツやメッキグリルを装着した上級シリーズだ。

eKカスタムの中でも、eKカスタム「T」にはターボを装着したエンジンが積まれ、当然ながら動力性能が高まる。最高出力は自主規制によって軽自動車の上限とされる64馬力/6000回転だが、最大トルクは10kg-m/3000回転とノーマルタイプに対して最高出力で31%、最大トルクで75%の上乗せされている。

三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール]三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD]

運転すると、パワフルだからノーマルエンジンに比べてアクセル開度が少ない。アクセル操作に対する速度の増減もおおむね素直。アクセルペダルを踏み込み、少し時間を置いてから動力性能が高まるターボのクセを抑えた。1~1.2リッタークラスのノーマルエンジンを積んでいる感覚で走れる。

パワフルなターボエンジンとすることで動力性能の不満は克服したが、アイドリングストップは非装着。JC08モード燃費もターボモデルの「T」は23.4km/Lに下がる。ノンターボのノーマルエンジンは、全高が1600mm以上の軽自動車では最良の値だが、ターボは26.8km/Lの「スズキ ワゴンR スティングレー T」、25.2km/Lの「ダイハツ ムーヴ カスタム RS」に負ける。

この燃費性能を改善した上で、標準ボディのeKワゴンにもターボ仕様を10万円以内の価格上昇で設けると良いだろう。ノーマルエンジンの動力性能に不満を抱くユーザーも満足できる。現状ではeKカスタム「T」の車両価格は143万円だから、eKワゴン「G」よりも19万円、同「M」グレードよりは30.5万円高く、ちょっと手が届きにくい。

[次ページへ続く]

三菱 eKワゴン 関連ページ

三菱 eKカスタム 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 eKワゴン の関連記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連記事をもっと見る

三菱 eKワゴン の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24