autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 三菱 新型eKワゴン/eKカスタム(3代目・2013年モデル)新型車解説 2ページ目

新型車解説 2013/6/6 13:00

三菱 新型eKワゴン/eKカスタム(3代目・2013年モデル)新型車解説(2/3)

三菱 新型eKワゴン/eKカスタム(3代目・2013年モデル)新型車解説

先代より全高は70mmも高くなり、室内空間が拡大

三菱 新型eKカスタム

まずはグレード構成だが、標準ボディとなる「eKワゴン」とエアロパーツを備えてフロントマスクに変更を加えた「eKカスタム」の2つに大別される。

従来はエアロ仕様を“eKスポーツ”と名乗っていたが、新型では「eKカスタム」となった。

ボディサイズは、全長が3,395mm、全幅は1,475mmで全高は1,620mm。全長と全幅は軽自動車規格ギリギリの値で先代型と同じだが、全高は新型になって70mm高くなった。

この変更により、立体駐車場の利用は困難になったが(今でも全高が1,550mmに制限されるケースは少なくない)、室内空間は大幅に拡大している。

三菱 新型eKワゴン

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は先代eKワゴンが2,340mmだったが、新型eKワゴンは90mm伸びて2,430mmとなっている。新型eKワゴンに寸法が最も近いのは“スズキ ワゴンR”で、全長と全幅は同じ。全高はeKワゴンが20mm低く、ホイールベースは5mm長いが、ほぼ同じ大きさとなる。

外観は従来のeKワゴンが水平基調のシンプルなデザインを採用したのに対し、新型eKワゴンはサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げた。従来型の特徴だった優れた後方視界は損なわれたが、新型eKワゴンでは外観に躍動感が伴った。流行に沿った変更ともいえるだろう。

フロントマスクは、新型eKワゴンが切れ長のヘッドランプを備え、新型eKカスタムは大胆なメッキグリルと薄型にデザインされたディスチャージヘッドランプが目を引く。精悍な顔立ちに仕上げられた。

燃費性能の向上を目的に、ボディ各部の空気抵抗を軽減。空気抵抗係数のCd値は0.32と優れている。

インテリアの注目は、タッチパネルと広々としたリアシート

三菱 新型eKワゴン三菱 新型eKワゴン

インパネは丸みのあるデザインで、ATレバーはその下側に装着される。スイッチを含めて配置の仕方は先代eKワゴンに近いが、オートエアコンはタッチパネル式を採用した。操作性と併せて質感も向上させている。

他の車種では、スズキ MRワゴンや日産 モコのオーディオがタッチパネル式だ。シートは前後席ともにベンチタイプ。フロント側は座面の奥行寸法やバックレストに余裕を持たせ、座り心地にボリューム感がある。

リア側は床と座面の間隔が若干少なめだが、座面の奥行寸法は535mmとかなり長い。前後席の乗員間隔は900mmだから、ワゴンRを100mm下まわるものの、足元の空間は十分に広い。

身長170cmの大人4名が乗車して、リアシートに座る同乗者の膝先には握りコブシ2つ半~3つ分の余裕がある。

三菱 新型eKワゴン

先代との対比で見ても、新型eKワゴンのリアシートはかなり快適だ。全高を70mm高めたことで頭上の空間も拡大され、広々としている。

シートアレンジは左右一体型のスライド機能が装着され、前後に170mm移動できる。

バックレストを前に倒すと座面も連動して下降。フラットで広い荷室に変更することも可能だ。新型eKワゴンになり、リアシートの居住性と荷室の使い勝手は大幅に改善された。

eKカスタムには新開発のMIVECインタークーラーターボエンジンを搭載

三菱 新型eKワゴン

エンジンは直列3気筒のツインカムで、吸気バルブの開閉タイミングを走行状態に応じて連続可変させるMIVECの機能を備える。三菱アイに搭載されるエンジンの発展型だ。

ノーマルタイプの最高出力は49馬力(6,500rpm)、最大トルクは5.7kg-m(5,500rpm/2WDでアイドリングストップのオートストップ&ゴー装着車)。ターボは64馬力(6,000rpm)・10kg-m(3,000rpm)になる。

JC08モード燃費は前述のように「29.2km/L」。

MIVEC、水冷クーラー付きEGR(排気ガスの一部を燃焼室に環流させる機能)などにより、燃焼効率の向上、吸気抵抗の低減などを図った。圧縮比も12まで高め、ピストンの抵抗なども抑えられている。オートストップ&ゴーは、減速時には13km/hを下まわるとエンジンが停止。アイドリングを停止している時間を長引かせている。

ATはCVT(無段変速AT)を採用。トルクコンバーターも併用するが、ロックアップさせて燃費性能の向上を図るために扁平タイプとした。

サスペンションはフロント側がストラットの独立式、リア側はトルクアーム式3リンクの車軸式。先代型と同様のオーソドックスなメカニズムだが、チューニングを見直すことで、走行安定性と乗り心地のバランスを改善した。軽量化も図られている。

安全装備は4輪ABSと運転席&助手席エアバッグは全車に標準装着したが、横滑り防止装置/フロントスタビライザー/ブレーキアシスト/ヒルスタートアシストは、ターボを装着したエンジンを搭載するeKカスタムTのみのオプション設定。eKワゴンやカスタムのノーマルエンジン車には装着できない。

サイド&カーテンエアバッグも設定がない。特徴的な装備としてリアビューモニターを組み込んだルームミラーが挙げられる。ただし、日産が取り扱うデイズと違って、アラウンドビューモニターは用意されない。

三菱 eKワゴン 関連ページ

三菱 eKカスタム 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 eKワゴン の関連記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連記事をもっと見る

三菱 eKワゴン の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21