autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】三菱 eKスペース vs ダイハツ タント どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2014/3/28 11:20

【比較】三菱 eKスペース vs ダイハツ タント どっちが買い!?徹底比較(1/3)

【比較】三菱 eKスペース vs ダイハツ タント どっちが買い!?徹底比較

小さなボディと高機能を備えた究極の実用車2台を徹底比較

三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]

スマートフォンの普及率が1世帯当たり50%に達したという。携帯電話を持たない世帯もあるから、普及率は相当に高い。

私自身は、古い携帯電話(いわゆるガラケー)を修理に出したら、「費用は最低でも1万5000円かかります」と言われた。そこで仕方なくスマートフォンに変えたのだが、今のところ(今後も?)まったく使いこなせていない。それでも小さなボディに高機能を集約した造りは、確かに便利で魅力的だろう。

今では同じことがクルマにも当てはまる。新車として売られるクルマの約40%が軽自動車で、その内の70%以上が、背の高い空間効率の優れた車種になった。

背の高い軽自動車は、ボディとエンジンは小さくても、車内はとても広い。大人4名が乗車して、リアシートに座る乗員の頭上と足元には、タップリした余裕がある。前後と上下方向のスペースは、Lサイズセダンを上まわるほどだ。

リアシートを畳めば自転車を積める車種も多く、収納設備は多彩。「これ1台で何にでも使える」というあたりは、スマートフォンに通じるだろう。

ダイハツ 新型「タント X

地域によっては軽自動車は日常生活の必須手段だから、税金の安さは重要。値上げは許されないが、ここまで売れ行きが伸びた背景にあるのは、税額よりもスマートフォンに似た「小さなボディと高機能」だ。

いい換えれば「究極の実用車」で、いわゆるブームではないから、もはや廃れない。今後も背の高い軽自動車は売れ続け、やがて駆動力はモーターに代わり、さらに時間を経れば自動運転の時代を迎える。

未来都市では、人を乗せた小さな箱が、ゆっくりと網の目のように張り巡らされた専用の軌道を走っているだろう。走行するクルマの直前に人が飛び出すような、避けられない事故があってはならないから専用軌道なのだ。

とまあ話が綿菓子のように大きく膨らんだが、今の背の高い軽自動車は、未来のクルマに近いところにいる。好調な売れ行きも、未来に通じる流れを示唆したものかも知れない。だとすれば背の高い軽自動車は、クルマの進化の過程にいる。

三菱 eKスペース vs ダイハツ タント

三菱「eKスペース G」[2WD/ボディカラー:アンティークゴールドメタリック]/eKスペースエンブレムダイハツ 新型「タント X

さて、このような軽自動車の最先端を走るのが、全高を1700mm~1800mmに設定してスライドドアを備えたタイプだ。

2003年に登場した初代ダイハツ「タント」が先駆けで、2代目になってスライドドアを装着した。

今ではスズキ「パレット」が「スペーシア」に変わり、ホンダは「N-BOX」を設定して人気を高めた。

そしてこのタイプの最新型が、三菱「eKスペース」&日産「デイズルークス」になる。

ここでは三菱 eKスペースと、老舗のダイハツ タントを比べよう。両タイプともエアロパーツを備えたカスタムも設定するが、価格が割安な標準ボディを取り上げたい。

三菱 eKスペース 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 eKスペース の関連記事

三菱 eKスペースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKスペース の関連記事をもっと見る

三菱 eKスペース の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26