autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 デリカ D:5 2WD 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/2/1 17:09

三菱 デリカ D:5 2WD 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

関連: 三菱 デリカD:5 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 デリカ D:5 2WD 試乗レポート/渡辺陽一郎

アイドリングストップが2リッター2WD車に装着!

三菱 デリカ D:5 2WD

今のクルマのキーワードは「エコロジー」

現代のオジサン世代が若い頃は、クルマの広告には最高出力、さらに遡ると最高速度が大きく載っていたが、昨今では燃費の数値となった。これに伴い、脚光を浴びているのがアイドリングストップ。「ハイブリッド車でなくても、せめてアイドリングストップは付いていないとねぇ」といった雰囲気がある。

そこでデミオ、ミライース、ヴィッツといったコンパクトカーが、徐々にアイドリングストップを装着している中、2リッタークラスは、アクセラ、プレマシー、セレナ程度しかない。

アイドリング時の燃料消費量は、当然ながら排気量の大きな車種の方が増える。2リッター、あるいはそれ以上のエンジンにこそ、アイドリングストップを付けてムダな燃焼を抑えたい。その意味で最近注目されているのが三菱デリカD:5。この2リッター2WDモデルにアイドリングストップ(AS&G)が装着されたのだ。

実はアイドリングストップ装着に伴いエンジンも新開発された。MIVEC(可変バルブタイミングシステム)が新しいタイプになり、10・15モード燃費を14%向上させて15km/lとしている。この数値はアイドリングストップを備えたセレナの15.4km/l、プレマシーの16km/lに比べると少し下がるが、デリカD:5は全高が1700mmを超えるLサイズミニバン。車両重量はセレナを約50kg、プレマシーを180kgほど上まわるから、15km/lであれば、おおむね妥当な燃費数値といえるだろう。

三菱 デリカ D:5 2WD三菱 デリカ D:5 2WD三菱 デリカ D:5 2WD三菱 デリカ D:5 2WD三菱 デリカ D:5 2WD

繊細過ぎないところが、ちょうど良い。

三菱 デリカ D:5 2WD三菱 デリカ D:5 2WD

アイドリングストップの作動は、車両が完全に停止してからエンジンが止まるタイプ。最近はミライースが時速7km、アルトエコは時速9km以下になるとエンジンが停止するが、デリカD:5はボディも重く、そこまで突き詰めてはいない。

ならばアイドリングストップの作動具合はどうか。停止する前に徐行し、ショックが生じないように穏やかに止まると、アイドリングストップが作動しない場合がある。これは他メーカーのアイドリングストップ車にも見られる傾向で、停止後にブレーキを少し踏み増すとエンジンが止まる。

この後、アイドリングストップ中に、ブレーキを緩めるか、ハンドルを回すと再始動する。ハンドルのセンサーはちょうど良い設定。多少のアソビを設け、切り始めの段階で再始動。手首が少し動いただけで再始動するほど過敏ではない。

ブレーキやハンドルの操作を行ってから再始動するまでの所要時間は、最近のアイドリングストップ車では平均レベルになる。特に遅れる印象はなく、クランキングノイズも耳障りには感じない。

三菱 デリカD:5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 デリカD:5 の関連記事

三菱 デリカD:5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 デリカD:5 の関連記事をもっと見る

三菱 デリカD:5 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21