autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 三菱ふそう、今度の新型車「キャンター」のウリは”低燃費”

新型車リリース速報 2016/4/30 11:44

三菱ふそう、今度の新型車「キャンター」のウリは”低燃費”

関連: 三菱 キャンター Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
三菱ふそう、今度の新型車「キャンター」のウリは”低燃費”

都心の喧騒を離れ、海辺のリゾートで行われた発表・披露会

三菱ふそうは4月26日、神奈川県で小型トラックの 新型「キャンター」2016年モデルを発表した。

2010年にフルモデルチェンジを果たしてから6年ぶりの初マイナーチェンジとあって、報道陣向けに開かれたお披露目の場は、都心を離れた湘南の有名リゾート地。三菱ふそうが新型キャンターにかける強い意気込みが感じられる発表会となった。

総所有コストにも大きく影響を及ぼす「燃費性能」を改善

三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]
三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]

新型キャンター、第一の改良点に挙げられるのが「燃費性能の向上」だ。

これは、小型トラック最大のライバル「いすゞ エルフ」のディーゼルモデルが、2014年秋のマイナーチェンジで11.4km/Lの低燃費をマークした点が少なからず影響している。

今回のキャンター マイナーチェンジでは、数値上はわずか0.2km/Lながら、三菱ふそうは11.6km/Lと上回る結果を得た。

会場ではさらに、実際の使用条件下における実用燃費についても言及。公道などでのテストの結果、社内データでは、従来モデルに対し7%もの向上を果たし、またライバルモデルに対しても十分なアドバンテージを持つ実力をみせたと胸を張る。

三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]
三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]

なにせ業務用として長い距離を走るトラック。また多くの台数を扱う物流業者も多く、わずかな燃料コストの差も、企業にとっては見逃せない。

三菱ふそうではこれを「TCO」(Total Cost of Owenership:総所有コスト)として重要視。同社の試算では、小型トラックTCOの実に24%が燃料費になるとし、今後も更なる燃費低減を目指していくとした。

さらに近い将来の代替駆動方式として、100%電気駆動化の道も模索中だ。現在、日本のみならずポルトガルやドイツにおいて、EVトラック「キャンター E-CELL」の実証実験を行っており、実際の使用現場からのフィードバックを元に、次世代モデルの研究・開発をすすめる。

三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]

ドライバーズシートのサポート性などを改善

三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]
三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]

第二の改良点はインテリア。ドライバーが一日の大半を過ごす運転席シートを改良した。具体的には、サイド(腰周り)のホールド性能を高め、座面クッションのサイズを拡大することで、ドライバーの疲労を軽減させる。

またインテリアのカラーリングもブラックとシルバーの落ち着いた色合いへ変更され、上質さを増した。収納スペースも拡大し、伝票や帳簿ファイルなど、何かと散らかりがちな車内を整頓し、機能性も高める効果も得た。

そして2ペダルのデュアルクラッチトランスミッション「DUONIC」搭載モデルには、新たに「ヒルスタートアシスト」機能も追加。2015年9月に先行して実施されたDUONICのバージョンアップ(「DUONIC2.0」)とあわせ、よりスムーズな走りの実現を果たした。このほか外装の質感向上も図るなど、その改良点は多岐に渡る。

燃費改善や質感向上など、新たな魅力を得て、シェア拡大を目指す新型キャンター。

ただし、日野・トヨタの小型トラックなどは先日、事故被害軽減の先進技術「プリクラッシュセーフティ」機能などを標準装備化すると発表したばかり。三菱ふそうの関係者もこの件については課題と認識しており、できる限り早期の装備化を目指すとした。

[Photo&レポート:オートックワン編集部]

三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]三菱ふそう 小型トラック 新型「キャンター」2016年モデル発表・披露会レポート[2016年4月26日/会場:リビエラ逗子マリーナ]

三菱 キャンター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 キャンター の関連記事

三菱 キャンターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 キャンター の関連記事をもっと見る

三菱 キャンター の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18