autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ] 海外雪上試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2012/1/18 18:32

ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ] 海外雪上試乗レポート/九島辰也(2/2)

ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ] 海外雪上試乗レポート/九島辰也

エンジニアから直接聞き出した、JCW化の変更点とは

ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ]ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ]

冒頭に記したように、ミニ クロスオーバー JCWはプロトタイプのため、スペックや改良部分を明かしていない。なのでハードウエアのどこまで手を入れたかは発表を待たなくてはならない。

ただ、試乗の間助手席に乗った実験部の方によると次の部分を強調していた。

1.エンジンの出力アップ

2.スポーティなサスペンション

3.4WDシステムおよびリアデフの見直し

4.ブレーキローターの大径化

5.「SPORT」ボタンによる変化の内容

などだ。エンジンは当然1.6リッター直4ターボとなるわけだが、最高出力が他のJCW同様211psであるかはわからない。ツインスクロールターボのブースト圧を上げ、全領域でトルクを出しながら最高出力を上げる可能性はたっぷりある。

個人的に興味を持ったのはブレーキの強化だ。話では4輪ともに手を入れストッピングパワーの増強を図ったらしい。これはボディがこれまでよりも重いクロスオーバーであることを物語っているのだが、感触的にはJCWの走りの特性を引き出すため、ボディの剛性アップも図られたのではと感じている。

背の高さ、車体の重さをジョン・クーパー・ワークスはどう調理したのか

ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ]ミニ クロスオーバー JCW(John Cooper Works)[プロトタイプ]

走り出してまず感じたのは、ボディが軽いことだ。もちろん、実際は重量アップしていることから想像以上にエンジンの出力が上がっていることとなる。山道のダラダラとした長い上り坂を、息継ぎなく駆けるトルクの太さはさすがだ。ターボのチューニングは、これまでのJCWとも違う気がした。

軽快にワインディングを駆け抜けるこのクルマは、コーナーで見事にロールが抑えられているのも特筆したい。特にフロントサスペンションのねばりは強烈で、ボンネットがフラットのまま出口へと向かう。きっとスタビライザーの径もスタンダードモデル以上に太くなっているに違いない。

それじゃ乗り心地はガチガチかといえばそんなことはない。いわゆるバネ下がしっかり仕事し、キャビンは快適に守られる。ハッチバック系ミニにありがちなピッチングも思いのほか抑えられる。

このほかで感激したのはマフラーが奏でるサウンド。「SPORT」ボタンを押すと、アクセルレスポンスやATのシフトチェンジが変わるのだが、エキゾーストノートも派手になる。回転域を上げていったときばかりか、アクセルを戻したときのパンパンッという音はじつにいい。まるでレーシングカーを操っているようだ。

というように、背が高くなってもミニはミニだし、JCWはその本質を変えない。その意味じゃファンならずとも期待していい一台だと思う。

ミニ クロスオーバーミニ クロスオーバーMINI John Works Coupeミニ コンバーチブルミニ クロスオーバー
筆者: 九島 辰也

ミニ ミニクロスオーバー 関連ページ

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニクロスオーバー の関連記事

ミニ ミニクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクロスオーバー の関連記事をもっと見る

ミニ ミニクロスオーバー の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26