autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミニクロスオーバー 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2011/2/1 19:33

ミニクロスオーバー 試乗レポート(3/4)

関連: ミニ ミニクロスオーバー Text: マリオ 高野 Photo: オートックワン編集部
ミニクロスオーバー 試乗レポート

SUV的な運転フィールは全域に渡り大人っぽい味わい

ミニクロスオーバー
ミニクロスオーバーミニクロスオーバー

今回試乗したのは「クーパーS」のCVT。

ALL4付きの注目グレードですが、まずクルマに触れると現代MINI全車に共通する「イイ物感」が即座に実感できて思わずニンマリ。

ドアの開閉フィールやシートの着座感、各スイッチ類の操作感にもファンの期待を裏切らないMINIクオリティが保持されていることが確認できました。

車高が高くなったことに伴って着座位置もやや高めになったので、MINI特有の包まれ感、悪くいえば閉鎖感がなくなり、その代わりに開放感と見晴らしの良さが加わっています。

元々剛性感の高かったステアリングの感触は、さらに重厚感が増した印象。

動きだすと、まるで山のような巨体を転がすような、重量級SUV的な運転フィールがしっかりと表現されているところに感心です。

ミニクロスオーバー
ミニクロスオーバーミニクロスオーバー

大きく重くなったといっても、それはあくまでこれまでのMINIと比較した印象であって、SUVとしてはコンパクトで軽量な部類に入るモデルなのですが、実際のサイズや車重以上の質量感を感じさせる味付けに唸らされてしまいました。

標準のMINIよりも100kg以上重たくなっているので、ターボ付きのクーパーS特有のロケット的な瞬発力は期待できないものの、ズッシリとした重みが加わったことで、全域にわたって大人っぽい味わいが増しています。

これまでのMINIでは、ヒョコヒョコと跳ねがちな固めの乗り心地を「ゴーカートフィール」と称して意図的に残し、一部守旧派を喜ばせていました(マリオもそれが好きな一人でした)。

しかし、車高を上げてホイールストローク量を増やしたMINIクロスオーバーでは、件のヒョコヒョコ感はほぼ解消。

「ゴーカートフィールこそMINIらしさなのだ!」などと思っていたマリオも、それがなくなったからと言って困ることは何もないという事実に気がつき、特に淋しさも感じなかったことが拍子抜けでした。

冷静に考えてみると、ヒョコヒョコ感は本来必要ないものであることは明らかです。ゴーカートフィール好きの守旧派の皆さんも、MINIクロスオーバーに乗ればきっとそれに気がつくでしょう。

ミニ ミニクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニクロスオーバー の関連記事

ミニ ミニクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクロスオーバー の関連記事をもっと見る

ミニ ミニクロスオーバー の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24