autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート New MINIコンバーチブル 海外試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2009/3/6 22:36

New MINIコンバーチブル 海外試乗レポート(4/4)

関連: ミニ ミニコンバーチブル Text: 西川 淳 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
New MINIコンバーチブル 海外試乗レポート

実に違う景色や人生が見えてきそうだ

イメージ2

試乗会は厳寒積雪のオーストリアで開催された。オールウェイズ・オープンの精神を我々に体感させようという試み。

試乗車はクーパーSのコンバーチブル。まずはクローズドで走りだす。ソフトトップのオープンカーでは、オープン時よりもクローズド時にその剛性の弱さをみせがちだが、不快なノイズやバイブレーションの類はなく、とても快適。ソフトなスタッドレスタイヤのおかげもあっただろうが、助手席の声も“乗り心地がいいなあ”。静粛性も上々だ。

175psを発揮するだけあって、100キロの重量増もほとんど意に介さない。どころか、雪上ゆえ、右足に神経を集中させてのドライビングである。

トップを開けてみた。ルーフを開けると即座に、エアコンがコンバーチブルモードに転じて、望みの温度をキープしはじめる。シートヒーターの暖まり方も早い。サイドウィンドウを上げ、オプションのリアウィンドディフレクターを立てると、室内への風の巻き込みは極小(ただしタウンスピード走行時)。身長170cmで、わずかに頭上が冷たく感じる程度だった。

オープンの走りも上々だ。余計な力みがさらに抜けて、よりマイルドな走りをみせる。乗り心地も悪化しない。旧型のようなゴーカート感覚は多少薄れて、ライドフィールはフツウの乗用車風。

驚いたことに、オープンにすると迫力あるエグゾーストノートが聞こえてきた。風を感じるオープンにすると、運転が楽しくなるわけだ。こういうクルマに乗り換えれば、また違う景色や人生が見えてきそうである。

ロールオーバー・バーソフトトップ(閉)トランクスペース試乗2イメージ1
筆者: 西川 淳

ミニ ミニコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニコンバーチブル の関連記事

ミニ ミニコンバーチブルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニコンバーチブル の関連記事をもっと見る

ミニ ミニコンバーチブル の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24