autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW MINIクラブマン 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/11/16 15:26

BMW MINIクラブマン 試乗レポート(2/3)

関連: ミニ ミニクラブマン Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
BMW MINIクラブマン 試乗レポート

ある種の“オモチャ化”

BMW MINIクラブマン

というわけで私小沢が久々に乗ったのはミニ・クラブマン。2年前のフルモデルチェンジの後に追加されたストレッチバージョンである。

ミニのとがった個性を失わずに一般化する。そのためにどうすればいいのか?その難題を解決するためにクラブマンはドアを複雑化させ、ある種の“オモチャ化”を行うことにより難題をクリアしたのだ。

クラブマンは全長を24センチ、ホイールベースを8センチ延長すると同時に、運転席側リアサイドに「クラブドア」と呼ぶ観音開きドアを設け、広くなったラゲッジのドアも同様のタイプにした。

結果、ミニの持っていた個性を失うことなくリアシートは大人2人が十分座れる広さとなり、身長176センチの私が座っても頭とヒザにはコブシ1個分のスキ間がある上、背もたれも窮屈さがなくなった。

そしてラゲッジスペースは最低でも260リッター確保でき、リアシートを倒せば最大930リッターにまで拡大する。

BMW MINIクラブマン
BMW MINIクラブマンBMW MINIクラブマン

だが、クラブドアが本当に便利かと言われれば少々疑問だ。

クラブドアは全長を余計に増やさずリアシート用ドアを設けるためとはいえ、いちいち運転席側ドアを開かなければ使えないし、同様に観音開きドアになっているリアドアもハッチと比べてそんなに便利か?と言われれば疑問。

だが、問題はそういう事ではない。使っていて「楽しいかどうか」なのだ。その点、クラブマンは何とも楽しい。クラブドア、リアドア、そしてボンネットを含め、“開きモノ”全部開けた様はほとんどオモチャのトランスフォーマーだし、ミニのドアは作動感がカチカチしていて、開閉作業自体がエンターテイメント化されている。

「ドアの開け閉めって楽しいでしょ?」という今までにない概念を取り入れたのだ。そういう意味では画期的な実用車だと思う。

ミニ ミニクラブマン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニクラブマン の関連記事

ミニ ミニクラブマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクラブマン の関連記事をもっと見る

ミニ ミニクラブマン の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23