autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ

試乗レポート 2015/12/14 13:52

かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ(1/5)

関連: ミニ ミニクラブマン , ミニ ミニ Text: 今井 優杏 Photo: 原田淳・小林岳夫
かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ

良い意味での「フツー」を手に入れた、BMW傘下3世代目のMINI

MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏

イマの世代に入ってからのMINIが好きで、MINIの良さに目覚めたって人は、きっと私だけじゃないはずだ。

・・・とか書いたらオールドファンの皆さんから「ゴルア!!!」とかあれこれ言われそうだが、嘘はつけない性分だからごめんなさい。ハッキリ言って、新しいフェーズに入ったMINIはとてもいい。どのエンジンを選んでもズバっと気持ちよいのはもちろんのこと、道具としても使いやすくなった。ナビや空調など“普通の”インターフェースをも手に入れたからだ。

ナビの進化が象徴する、新世代MINIの美点とは

MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏

ナビはコックピットの円の造形の中央にうつくしく機能的に収まり、その使用法もコンパクトセグメントとしては今や輸入車の十八番となっている、コンソールに操作ダイヤルを置く方式を採用。無駄に視点と姿勢を移動させない、軽やかな使いやすさを手に入れている。

国産車ではいまだにとても多いのだけど、ナビの画面を直接触らせるタッチパネル方式は、シートに一旦預けた背中をわざわざ起き上がらせなければいけないという必要があるため、イマイチ効率的ではない。

画面が指の脂で汚れるのもキチャナイし、もっと深刻なことに加齢を重ねると指のカサつきで画面が反応しないという悲しい現実も立ちはだかるという(辛うじてまだ大丈夫な筆者)。

最近では爪で反応するタイプも激減した。指の腹でひたすらちいさなボタンをイライラしながら狙い定めて押してみる→違う画面開く→余計にイラっ!

みたいな、それってコントかよ?!なシチュエーションを経験するたび、もう全部のクルマ輸入車とおんなじようなダイヤル式にしてくれよな!と思うほど、このダイヤル方式は使い慣れるたびに激烈に便利である。

今井優杏は宣言する。2代目クラブマンはお買い得である、と!

MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏

話がそれてすみません、というわけでイケてるナビ操作系を持つMINIに、新しい仲間が追加された。

MINIクラブマンだ。

1.5リッター3気筒ターボエンジンのミニ・クーパー・クラブマンと2.0リッター4気筒ターボのミニ・クーパーSクラブマンがラインナップされる。

クラブマンとしては2代目になるモデルだが、2013年にエンジンがダウンサイジング化されたMINIファミリーとしては、すでにコナレ感すら漂うほどエエ感じに熟成を始めているので、パッケージにビギナー感は微塵もない。この辺もいたくお買い得な感じがする。

モデルとしてはフレッシュなのに、ナカミがある程度信頼のうえに熟成されているなんてオイシイじゃないですか。

[その魅力は「顔」にこそ現れる・・・次ページへ続く]

ミニ ミニクラブマン 関連ページ

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニクラブマン の関連記事

ミニ ミニクラブマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクラブマン の関連記事をもっと見る

ミニ ミニクラブマン の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24