autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/2/7 15:47

BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: ミニ ミニ Text: 石川 真禧照 Photo: BMW Japan
BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照

MINIファミリーの新たな仲間、クーペベースのミニ・ロードスター!

ミニシリーズにまた新しいバリエーションが加わった。その名はミニ・ロードスター。2人乗りのオープンスポーツカーだ。それにしてもミニのニューモデル攻勢はとどまることを知らない。

BMWのミニがデビューしたのは2001年のこと。最初は3ドアハッチバックだけだったが、2004年にコンバーチブルが加わった。フルモデルチェンジは2006年。しかし、ボディサイズは長さ、幅ともに20mmほど大きくなったのだが、ボディデザインが変わらないので、フツーの人には見分けがつかないほど。

ただし、中味はエンジン、ミッションをはじめ、ボンネットの開き方など、ほとんどがリファインされていた。

2代目になったミニは、本格的にクルマの楽しさを追求しはじめた。3ドアハッチバック、4人乗りのカブリオレに続き、ルーフを延ばし荷室を拡大したステーションワゴン、クラブマンを追加した。さらに、ボディがひと回り大きく、4WDも選べる5ドアのクロスオーバー(本国ではカントリーマン)も発売した。

こうしたバリエーションを拡大する一方でチューニングモデルとしてJCW(ジョン・クーパー・ワークス)も開発、スポーツマンにも親しめるクルマづくりを進めた。

ミニ一族の拡大はこれだけでは済まなかった。

次は2人乗りだった。ミニ・クーペをベースにルーフを取り去ったロードスターが加わった。

新しく加わったロードスターは、フロント2人乗りの2シーターオープン

ボディサイズはクーペよりも全長が10mmほど長く、全高も5mmほど低いプロポーション。

ホロはロードスターという名称の伝統に沿って、簡素なホロを装備。手動で開閉するのが基本。ただし、ボルトガルで行われたプレス試乗会会場には、セミオートマ、と呼ばれるモデルもあった。これはロックは手で行うが、開閉は自動、という方式を採用していた。

日本への導入はいまのところ予定されていないが、オプションでもよいので、導入すればユーザーも喜ぶに違いない。

ホロのデザインも2人乗りと割り切ったことで、ボディデザインに合わせ、コンパクトにまとめられている。ルックスはスポーティでなかなかよかった。

搭載されるエンジンは、ミニクーパー(122ps)、クーパーS(184ps)、JCW(211ps)。本国ではこれに2.0Lターボディーゼル(143ps)もラインアップしている。ミッションは6速MT(ゲトラグ製)と6速AT(アイシンAW製)だが、JCWは6速MTのみの設定だ。

シャーシはEDLC(エレクトロニック・ディファレンシャルロック・コントロール)を含むDTC(ダイナミックシャーシコントロール)が投入されている。

ルーフを取り去りオープンカーにしたことで、ボディはねじれ剛性を強化する補強が行われた。フロントウインドウフレームも補強材になった。安全性の向上にも役立っている。ステンレススチール製のロールバーもボディに固定されている。

トランクには80km/h以上になると自動的にせり上がるリアスポイラーが付く。これはクーペと同じだ。ロードスターは、クーパークーペと比較すると約50kg軽くなっている。これはクーペのリアゲート(すごく重い)部分がなくなったことも関係しているはず。

この軽さが、ロードスター独自の乗り心地のよさと、走りのキビキビ感に結びついているに違いない。

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25