autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミニクーペ 試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2011/7/12 16:20

ミニクーペ 試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: ミニ ミニ Text: 九島 辰也 Photo: BMW Japan
ミニクーペ 試乗レポート/九島辰也

ミニファミリーの中でも「最も速いクルマ」

ミニクーペ
ミニクーペミニクーペ

メカニカル的な特徴は可変式のリアスポイラーが備わることだろう。

時速80km/hでせり上がり、60km/hで収納される。もちろん、スイッチによる手動もOK。フロントの専用スポイラーと合わせ、ダウンフォースを稼ぐのに大きな役目を果たす。

ミニクーペが空力にこだわるには、理由がある。

じつはミニクーペの車両重量はハッチバック+25kg重くなってしまったからだ。その内訳は、19kgの補強と6kgのリアスポイラー。より“ゴーカート”なフィールを出すため、ボディ剛性のアップは必須だったようだ。

 が、それも見事にこなし、ミニクーペはミニファミリーの中で「最も速いクルマ」へと仕上がった。空気の流れを整わせながら、トラクションをよくすることでそれを実現したのである。

ラインナップはクーパー、同S、JCWがベースとなる。

要するに1.6リッター直4ターボがメインとなるが、ヨーロッパでは2リッター直4コモンレール式ディーゼルユニットも積まれる。

ミニクーペ
ミニクーペミニクーペ

では、実際に走った印象はどうだったのか。

まず試乗車はJCWであり、さらに太いスタビライザーを装着したスポーツサスペンションであったことを明確にしたい。しかも、場所はサーキット。

つまり、かなりレーシーな方向へ振ったチューニングが施されていた。そのため、サーキット走行は楽しく、何周でも走っていたくなるほどだ。

スポーツボタンを押し、アクセルレスポンスをさらに高めればよりアグレッシブな走りが楽しめる。明らかに「ゴーカートフィール」は他のラインナップより上だ。

ただ、JCWはこれでいいとしてもクーパーなどはもう少し乗り心地をよくする必要がありそうだ。いくら2シータークーペとはいえ、実用性を欠いてはよろしくない。

とはいえ、クルマ自体かなりエクスクルーシブなものだし、プライスもミニコンバーチブル+αと聞く。となればけっこうエッジが立っていてもいいのかもしれない、とも思える。

今後も続々登場するミニファミリーは本当に楽しみである。これからも、唯我独尊のごとき進化する姿を見せていただきたい。

ミニクーペミニクーペミニクーペミニクーペミニクーペ
筆者: 九島 辰也

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26