autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW ミニクーパーS 試乗レポート

試乗レポート 2010/8/9 14:03

BMW ミニクーパーS 試乗レポート(1/3)

関連: ミニ ミニ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW ミニクーパーS 試乗レポート

未だ進化を続けるBMW「ミニ」

ミニクーパーS
ミニクーパーSミニクーパーS

路上で見かけない日なんてないほど、「ミニ」は日本でもよく売れている。

実際、BMW傘下となって以来ずっと月販1,000台オーバーをほぼコンスタントにマークしていて、自動車販売の落ち込んだ2009年も、輸入車の車名別の年間販売台数において、単独車種ながら5位となる約1万1,000台を販売したほどだ。

これは世界的にもけっこう突出した数字らしく、ミニは日本のファンのハートをガッチリ鷲づかみにしているのだ。

そのミニは、2009年に生誕50周年を迎えたが、英国製の「クラシック Mini」が基本を大きく変えないまま40年超の長きにわたって生産され続けたのとは対照的に、BMW傘下となってからは加速度的に進化を繰り返している。

また、ご存知のとおりコンバーチブルやクラブマンも存在するし、海外ではすでに発売されているクロスオーバーのカントリーマンなど、バリエーションの拡大にも積極的だ。

そして、2010年3月にはエンジンの改良が行なわれた。

「ミニワン」は1.4リッターから1.6リッターに変更され、3psの出力向上とハッチバックのMT車で約19%の燃費改善を、クーパーではオイルポンプのマッピング変更、エンジン内部のフリクション低下などエンジンが最適化され、2psの出力向上と、10%~19%の燃費改善を実現した。

ミニクーパーS

そして、もっともスポーティな「ミニクーパーS」では、これまでのツインスクロールターボチャージャー付き直噴エンジンに、バルブトロニック技術を駆使した可変バルブタイミングを採用。

9psもの出力向上と、MT車で約33%もの燃費改善を果たしている。

また、効率よくバッテリーに充電することで燃費向上に寄与する「ブレーキ・エネルギー回生システム」と、MT車には、日本でいうアイドリングストップ機能に相当する「エンジン・オートマチック・スタート・ストップ機能」を搭載。ミニシリーズでは、7モデルがエコカー減税の対象となった。

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23