autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 初夏のミニ祭り! 最新「MINI」オールラインナップ試乗レポート 5ページ目

試乗レポート 2016/7/12 19:44

初夏のミニ祭り! 最新「MINI」オールラインナップ試乗レポート(5/6)

初夏のミニ祭り! 最新「MINI」オールラインナップ試乗レポート

MINIの世界観を損なわずにファミリーカーとしても十分に使える使い勝手も兼ね備える

MINI CLEAN DIESEL ALL LINE UP 試乗レポート/山本シンヤ

4台目は「MINI COOPER S CLUBMAN ALL4(ミニ クーパーS クラブマン ALL4)」。

現行モデルは観音開きのテールゲートは継承しながら4ドア化された。ボディサイズはミニ史上最大(笑)となっているが、3/5ドアが「プレミアムスモールコンパクトセグメント」に対し、クラブマンは一回り大きい「プレミアムコンパクトセグメント」に属するモデル。つまり、家庭環境の変化などでミニを卒業しなければならないユーザーを食い止める…という役割も担っているわけだ。

後席/ラゲッジは十分以上のスペースを備えているので、ファミリーカーとしても問題ないだろう。内外装はミニの世界感を損なわずにシックで質感も高く仕立てられているので、ダークなボディカラーを選択すれば、大人が乗っても似合うだろう。

この落ち着き、この安定感。もはやこれは「MINI GT」だ

MINI CLEAN DIESEL ALL LINE UP 試乗レポート/山本シンヤ

エンジンはガソリンの4気筒2.0リッターターボ(192ps/280Nm)と8速ATの組み合わせで、駆動方式はフルタイムAWD。電子制御油圧式デファレンシャルにより、走行状況に応じて駆動力は100:0~0:100まで配分可能だ。

その走りはミニシリーズの兄貴分だけあり、ドシッとした安定感と高い快適性がポイントだ。ゴーカートフィーリングは若干薄まっているものの、逆に自然なフィーリングで、クルマのキャラクターにはマッチしている。AWD化もあり車両重量は1.5トンを超えているが、逆にその重さがシットリとした質感のある乗り味を生んでいるのだろう。ワインディングでも大柄なボディながら元気に走るが、高速での安定感と落ちつきの良さは、まさに「ミニGT」と言っていいかもしれない。

ミニ ミニ 関連ページ

ミニ ミニクラブマン 関連ページ

ミニ ミニコンバーチブル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18