autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ミニ・ジョン・クーパー・ワークス試乗レポート ~スポーツモデル初心者から上級者まで虜にするマルチプレーヤーな走り~/今井優杏 4ページ目

試乗レポート 2015/6/11 09:32

ミニ・ジョン・クーパー・ワークス試乗レポート ~スポーツモデル初心者から上級者まで虜にするマルチプレーヤーな走り~/今井優杏(4/4)

関連: ミニ ミニ Text: 今井 優杏 Photo: 阿部昌也
ミニ・ジョン・クーパー・ワークス試乗レポート ~スポーツモデル初心者から上級者まで虜にするマルチプレーヤーな走り~/今井優杏

感動モノの“やる気スイッチ”『ドライブセレクトモード』

MINI John Cooper Works
MINI John Cooper WorksMINI John Cooper Works

新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスには、ドライブセレクトモードが用意されている。

シフトノブの根元のリングを左右に回転させれば、グリーン、ミッド、スポーツと、ドライブモードが変化するのだが、このスイッチが“やる気スイッチ”なのかよ?!と思うくらいに効果抜群。思いっきり、豹変しちゃうのである。

今やワリと国内外問わずこのドライブモードセレクトでクルマの性格や特性を変える、という手法はポピュラーで、そう珍しいものではない。

しかし、そのモードを変えても排気音が変わる程度だったり、シフトタイミングが変わるだけだったりで、イマイチその差が感じられないモノも実は少なくないのだ。

MINI John Cooper Works

しかし新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスのコレはちょっと感動モノ。

ご想像の通り、グリーン、ミッド、スポーツという順にしたがってスポーティーになっていくのだが、中でもミッドとスポーツが素晴らしい。

選んでよかったと思える辛口な走りは「スポーツ」にあり

MINI John Cooper Works

このドライブセレクトはエンジンの回転数、シフトタイミングはもちろんのこと、ステアリングもタイトにしてくれるもの。さらに77,000円のオプションとはなるが、ダイナミック・ダンパー・コントロールを付ければサスペンションだってガチっと締まる。だから、超走りたい気分のときに「スポーツ」を選択して、新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスの、カリカリに攻めた走りの真髄を楽しむのは、正しい堪能の仕方ではある。

チョチョっと踏んだだけでばびゅん!と駆け出す加速、キレ味鋭いステアリングフィール、そしてブレンボ製のブレーキはどんな速度域でもコントローラブル。ああ、新型ミニ・ジョン・クーパー・ワークスを選んでよかったと思える辛口な走りは「スポーツ」にある。

「ミッド」でも箱根の坂道を勇ましくよじ登る

MINI John Cooper Works

しかし、ミッドでも十二分にスポーティーなのだ。

ありあまるトルクは背中をグイグイ押してくれるものだし、野太いサウンドだって走りへの気分を充分に盛り上げてくれる。スポーツよりはちょっと大人しいけれど、一般道ならこれで十二分。箱根の坂道だって、ワシワシと勇ましくよじ登る。

アニキのBMWにも勝るクオリティーの高いトルク制御バランス

MINI John Cooper WorksMINI John Cooper Works

そしてこの走りの方向2チャンネル双方に共通して言えるのは、制御の素晴らしさなのだ。確かにトルクは出る。パワーも申し分ない。でも、あくまでもドライバーの意志の下にコントロール性能が置かれていることに注目して欲しい。

先代までのジョン・クーパー・ワークスは、もっともっとピーキーだった。とにかくトルクの出方もパワーの出し方も急なもので、とにかく速さ重視、的な、なんというか「フ、若いねキミ」みたいなイメージ。それはそれでキャラとも言えたが、それこそ冒頭に語った、スキモノだけに開かれたマーケットだったのではないだろうか。

今回はその辺が非常に上手に慣らされた。…こういうと、ヒヨったように受け取る方もおられようが、断じてソコは違うんですよと握りこぶしで訴えておく。

この制御のバランス感は、ちょっと近年稀にみる上出来さだ。アニキのBMWにも勝るクオリティーの高さと言ってもいい。

MINI John Cooper Works

これは本気で、既存のファンでない人にこそ体感して欲しいと感じた。特に6速ATモデルは、ちょっと今までとちがうスポーティーなクルマが欲しいスポーツモデル初心者から、MTを味わい尽くして2ペダルにたどり着いた上級者まで、幅広く満足を与えてくれる完成度の高いもの。ああ、本当にちょっと今すぐにでも遠出してみたい。

そして買い替えのタイミングを待っていた熱烈なファン諸兄、MTモデルは追って追加となっている。こちらも相当期待できるだろうから、楽しみに待っていてほしい。

MINI John Cooper Works

MINI John Cooper Works

全長x全幅x全高:3875x1725x1430mm/ホイールベース:2495mm/車両重量:1280kg/駆動方式:FF(前輪駆動)/エンジン種類:直列4気筒 DOHC 2.0L ツインターボ/総排気量:1998cc/最高出力:231ps(170kW)/5200rpm/最大トルク:320N・m/1250-4800rpm/トランスミッション:電子油圧制御式6速AT(ステップトロニック)/燃料消費率:16.6km/L[JC08モード燃費]/標準タイヤサイズ:205/45 R17(※試乗・撮影車には205/40 R18タイヤ+18インチ アロイ・ホイール JCWカップ・スポーク 2トーン 7.5Jx18をオプション装着)/メーカー希望小売価格:4,150,000円[消費税込み]

筆者: 今井 優杏

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27