autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2014/10/1 09:57

BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: ミニ ミニ Text: 九島 辰也 Photo: BMW Group Japan
BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也

ゴーカートフィールにしなやかさが加わったミニ5ドアの乗り味

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

試乗車は、ガソリンエンジン搭載の「クーパーS」。言わずもがな、2リッター直4+ターボである。BMWテクノロジーのダブルVANOSカムシャフトコントロールが付いている。

昨年から、ミニのプレゼンテーションで“BMWテクノロジー”という言葉を頻繁に使うようになった。これまでは“英国”と“BMWテクノロジー”については封印していたはずなのだが、どうやら方向転換を図ったようである。すでに10年経ったし、そろそろ解禁といったところかもしれない。

それはともかく、最高出力192ps、最大トルク300Nmというユニットはこのストレッチされたカラダをガンガン走らせる。特にダラダラ続く上り坂では、太いトルクが余裕さえ感じさせる。よく例えられるが、まま2.5リッタークラスの自然吸気といったところだ。

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

乗り心地に関して全体的な印象は「軽快なゴーカートフィール」というよりも「大人っぽいしなやかさ」を感じさせる。ホイールベースが伸びたことで、3ドアのように直接リアがバシッと追従するのではなく、しなりがそこに加わった。

確かに、開発陣によればリアまわりを大きく変更していると言う。ダンパーの減衰圧もそうだしバネレートもだ。だが、一概に“硬く”したとは言い切れない。

曰く、ゴーカートフィールを具現化するための数値目標はあるものの、最終的には人の感覚によるセッティングが行われる。なるほど、それがこのクルマのキャラクターを鑑みた上で反映されたのかもしれない。つまり、リアシートに座る人のことも考えられた仕上がりとなる。

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

英国のカントリーロードは、お世辞にも道が良いとはいえない。それにレジデンスエリアにはバンプもあって、見過ごすとダン!という衝撃を受ける。

が、こいつは17インチのP−zeroを履いているわりには、それほど硬さを感じない。当然飛ばすとそのパフォーマンスを発揮するが、通常の走りの中ではコンパウンドのゴリッとしたところは表に出ない。となると、きっと16インチはもっと乗り味がいいに違いない。しなやかさのある足と相まって、相乗効果は高まりそうだ。

ところで、この5ドアに関しては現地で不思議な話を耳にした。“クラシックミニ”の時代に、そのプロジェクトは既にあったというのだ。しかも、実際日本向けに数台つくられたらしいのだ。それが、船で送っている間に大時化(しけ)にあい、すべて壊れてしまった・・・。

そんな証言を当時の従業員から聞き、写真も2枚だけ入手したとミニのスタッフが我々に話した。どこまで信じていいのかはわからないが、まんざらでもない気もする。都市伝説のような話なので、信じるか信じないかはアナタ次第!ではあるが。

前述のような逸話すら持つ新型ミニ5ドア。価格は3ドア+20万円くらいの予想。使い勝手の良さからして、日本でも大きく注目を集めるのは間違いないだろう。

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door
筆者: 九島 辰也

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18