autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]”ミニバン大国”日本でメルセデス・ベンツ 新型 Vクラス「V220d」はどう映るのか 4ページ目

試乗レポート 2016/2/9 16:52

[試乗]”ミニバン大国”日本でメルセデス・ベンツ 新型 Vクラス「V220d」はどう映るのか(4/5)

関連: メルセデス・ベンツ Vクラス Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正・島村栄二
[試乗]”ミニバン大国”日本でメルセデス・ベンツ 新型 Vクラス「V220d」はどう映るのか

日本仕様は「BlueTEC」2.2リッターターボディーゼルエンジン1機種のみの設定

「メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス V220d/V220d long/V220d Extra-long」《クリーンディーゼルエンジン搭載ミニバン》試乗レポート/今井優杏「メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス V220d/V220d long/V220d Extra-long」《クリーンディーゼルエンジン搭載ミニバン》試乗レポート/今井優杏

今回日本に導入された新型Vクラスにはすべて、日本の排ガス規制「ポスト新長期規制」に適合させるため、日本専用に開発した2.2リッター 直4ディーゼルエンジンを搭載する。

「ブルーテック(BlueTEC)」と言う名のそれは、排ガス規制に対応するため、DPF(粒子状物質除去フィルター)でPM(粒子状物質)を除去した排ガスに尿素水溶液を噴射して、NOx(窒素酸化物)を削減するという排気システムを採用している。

ここで注目したいのは乗り味への影響だ。

アドブルー(AdBlue)と呼ばれる尿素水溶液は、わざわざ尿素水溶液タンクを搭載しなければいけないことから、乗用車では比較的大型のものにしか対応できないというデメリットはあるが、それを差し引いても効果の高いNOx除去システムである。

この後処理によって、出たものをきっちり還元できるという前提があるため、噴射や燃焼に腐心するあまりエンジンの基本性能を犠牲してしまう、ということが起こらなくて済むのだ。つまり、ディーゼルエンジンの美味しいところを余すところなく味わえてしまうんである。電子制御可変ターボチャージャーもよく調教されていてイキナリ感がない。そりゃ気持ちいいに相場が決まっている。

全長5メートルを超える巨体とは思えぬ身のこなしに感激

「メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス V220d/V220d long/V220d Extra-long」《クリーンディーゼルエンジン搭載ミニバン》試乗レポート/今井優杏

さらに感激したのはハンドリングの的確さ、それにしっかり付いてくる巨体のまとまり感だ。

大体全長5メートル越え、5,150mmのワゴンである。そんだけ長けりゃさぞ愚鈍なんだろうとも思うのだけど、それこそレーンチェンジなんかでもハンドルを切ったら切った方にスバっ!と見事に後部がくっついてくる。ボディがねじれてモタつくことは微塵もない。まるで従順な犬みたいに、ちゃんとボディの後ろ半分がステアリング様の言うことを聞くのだ。

メルセデス・ベンツらしい高い剛性の賜物と、それからFRレイアウトということも多分に影響している。

[ハンドリングも楽しい!・・・次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ Vクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Vクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円