autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Vクラス海外試乗レポート/川端由美

試乗レポート 2014/5/12 15:14

メルセデス・ベンツ Vクラス海外試乗レポート/川端由美(1/3)

関連: メルセデス・ベンツ Vクラス Text: 川端 由美 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ Vクラス海外試乗レポート/川端由美

ミニバン大国ニッポンに、メルセデス・ベンツが殴り込みをかける

メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)

ドイツの自動車雑誌の調査によれば、自動車オーナーの実に40%しか自分が本当に欲しいクルマには乗っていないらしい。自動車雑誌の読者で、しかもアンケートに回答してくれる人なんだから、当然、クルマ好きである。裏を返せば、世のクルマ好きの60%は、家族や仕事や趣味といった事情、あるいは予算の都合でクルマを選んでいるわけだ。

家族や仕事や趣味といった事情で選ぶクルマの筆頭にあるのが、ミニバンだろう。日本は世界でもまれに見るミニバン大国ということもあって、この分野では国産車メーカーが俄然強い。しかも、選択肢の幅も広い。

200万円前後の小型ミニバンから、300万円以上の大型ミニバンまで勢揃いしている。なかでも、トヨタ アルファード/ヴェルファイア、日産 エルグランドあたりの「LLクラス」は、かつての大型セダン需要のうち、”役員車”の需要を取り込んでいることもあって、最上級グレードでは600万円台、700万円台なんて豪華仕様もラインナップされている。

そんなミニバン大国ニッポンにメルセデス・ベンツが殴りこみをかけるモデルが、3代目となるVクラスだ。

3代目Vクラスは内外装の質感が高まり高級志向に

メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)

現行モデルの日本価格が461万8,000円(税込み)であり、新型の本国価格が3万6050ユーロ(税抜き)であることを考えると、狙いは大型ミニバンの最上級クラスだ。

正直なところ、これまでのVクラスは”商用車ベースのミニバン”といった雰囲気から抜け出しきれなかった。初代はFWDのプラットフォームに2.4リッター直列4気筒エンジン+4ATを搭載して、いかにも”商用バン・ベースのミニバン”といったふうだった。2代目はヴィアノ(のちに、Vクラスに戻る)に車名を改めてRWD(後輪駆動)のプラットフォームを採用し、パワートレーンをV型6気筒エンジンに絞るなど、より乗用車らしく仕立てあげられてはいた。が、切磋琢磨の国産ミニバンと比べると、シートアレンジの豊富さや荷室の使い勝手などは分が悪い。

ところが、ジュネーブ・モーターショーで見た3代目Vクラスは、内外装の質感がぐっと高まって、高級ミニバンらしくなっていた。

エクステリアでは躍動感のあるスタイリングと最近のメルセデス・ベンツ一族に共通するフロントマスクが、乗用車らしさを強調している。開発にあたっては、商用車部門のチームに乗用車部門からもエンジニアが加わり、日本で絶大なシェアを誇る和製ミニバンも詳しく研究したという。

メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)メルセデス・ベンツ 新型Vクラス(3代目)

メルセデス・ベンツ Vクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Vクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Vクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円