autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート メルセデス・ベンツ Tec Day 現地レポート 2ページ目

イベントレポート 2010/11/19 16:03

メルセデス・ベンツ Tec Day 現地レポート(2/2)

関連: メルセデス・ベンツ Text: 金子 浩久 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ Tec Day 現地レポート

メルセデスの安全は、技術のみならず発想によっても支えられている

バーチャルテストは、テストカーを試し、問題点を洗い出すためのものだが、もっと手前の段階の「どんなクルマを作るのか?」という企画を左右する“発想法”に関するワークショップが興味深かった。

カスタマーリサーチセンターのゴーツ・レンナー博士のワークショップだ。

「年間、60から80回のワークショップを開催し、1,500名の一般顧客が参加しています。ここで行われた7つのワークショップから600のアイデアが現行のEクラスに採用されました」

僕ら日本からのメディアに課せられたテーマは、「2030年に感じる快適とは?」だった。

そこから発想できるコトやモノを参加者同士でどんどん紙に書いていき、それを一片ずつ切り取り、グループ毎に仕分けし、その紙片をみんなで精査。その後に、「2030年の快適」を一台のクルマにまとめるスケッチを書く。同じようなことを、どこかで行った憶えがあるゾ?

KJ法じゃないか!東京工業大学名誉教授川喜田二郎氏が考案した発想法で、高校生の時に学校で習った。いかに既成概念に囚われず、大胆な発想を以てブレイクスルーできるか、がその狙いで、レンナー博士も「“突然の閃き”か“整然とした生成”か?」と問い掛けてきた。

ダイムラーの有名な「The Best or Nothing(最善か無か?)」というキャッチフレーズはワークショップでも何度も聞かされたが、メルセデスベンツも今ではそのような独善的な思想(それもまた、メルセデスの魅力となっているのだが)によるだけではなく、あまねく発想を一般に求めているのである。

安全は、技術とともにある発想によっても支えられていることを雄弁に物語っていた。

筆者: 金子 浩久
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ の関連記事

メルセデス・ベンツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円