autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム メルセデス・ベンツが新ブランド「EQ」を立ち上げ!EVでHV車やディーゼル車と価格も同等の計画

自動車評論家コラム 2016/10/8 13:19

メルセデス・ベンツが新ブランド「EQ」を立ち上げ!EVでHV車やディーゼル車と価格も同等の計画(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Text: 国沢 光宏 Photo: ダイムラーAG
メルセデス・ベンツが新ブランド「EQ」を立ち上げ!EVでHV車やディーゼル車と価格も同等の計画

3年後にHV車並の価格で航続距離500kmのEV SUVを発売

パリモーターショー2016で公開された「Generation EQ」パリモーターショー2016で公開された「Generation EQ」

どうやら東京オリンピック開催される頃から、電気自動車の本格的な普及が始まるかもしれない。

あまり大きなニュースになっていないものの、パリサロンでメルセデス・ベンツは『EQ』とネーミングされた電気自動車専門のブランドを立ち上げると発表したのである。テスラのドイツ版と理解すれば間違いないだろう。

パリサロンで発表されたコンセプトカーは、ボルボXC60やレクサスRXと同等サイズの売れ筋ミドルサイズSUVで、車両価格4万9千ユーロ(邦貨560万円)程度とアナウンスされた。

現在のディーゼル車やハイブリッド車とほとんど同じ価格をイメージしていただければいい。フル充電時の走行可能距離500kmと十分。

2020年の発売を予定しているという。欧米の「2020年モデル」は2019年秋のことだから、3年後ということになる。

メルセデス・ベンツ以外の自動車メーカーも計画中?

パリモーターショー2016で公開された「Generation EQ」

実はメルセデス・ベンツ以外の自動車メーカーも2020年あたり航続距離500km程度の電気自動車を出す計画を皆さん立てている。もちろん日産自動車だって同じような性能を持つ新型車を開発中らしい。

ナゼか?理由は二つ。

まずアメリカのZEV規制(排気ガスを全く出さないクルマを一定量販売せよ、という法規)が厳しくなり、いよいよ航続距離の長い電気自動車を多数販売しなければならない。

航続距離200km程度の電気自動車はZEVにカウントされないし、実用性を考えれば500km程度の航続距離が必要。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ の関連記事

メルセデス・ベンツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円