autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型 SLK 試乗レポート/清水草一 3ページ目

試乗レポート 2011/8/5 17:02

メルセデス・ベンツ 新型 SLK 試乗レポート/清水草一(3/4)

関連: メルセデス・ベンツ SLKクラス Text: 清水 草一 Photo: 柳田由人
メルセデス・ベンツ 新型 SLK 試乗レポート/清水草一

オープン走行に最適、新装備追加で快適ドライビング!

メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK350 AMGスポーツパッケージ 】メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツ】

乗り味は、全モデル共通で「快適スポーティネス」。

サスペンションの当たりは基本的に優しくて、ドライバーに一切ストイックさを求めない。だたしフニャっとしたところはなく、コーナーを攻めればしっかり期待に答えてくれて、高速巡航ではピタリと路面に張り付く。本来のメルセデスらしく、ゴージャスかつラクチンなオープンスポーツカーに仕上がっている。

装備で特筆すべきは、まず「エアガイド」。運転席・助手席それぞれの背後におむすび型のアクリル板がセットされていて、これを内側にせり出すと、オープン時の風の巻き込み量が大きく減るのである。

これまでは、この部分にネットなどを張る「エアディフレクター」が一般的だったが、ややオープン感を損ねるという欠点があった。しかしこのエアガイドなら、見た目でオープン感を阻害することはないし、キャビン中央には適度な風が通るので、オープンカーに乗ってる感も高い。それでいて風が巻きこみすぎるのを防ぐという、非常にスグレモノの新装備だ。

ちなみに、試乗したのは晴天の猛暑日だったが、帽子をかぶってエアコンの冷風を顔に当てつつ走れば、暑さはそれほど感じなかった。

オープンカーは心意気で乗るクルマ。見られてナンボであるからして、夏でもたまにはルーフを開け放って走りたいものだ。開閉はボタンひとつでわずか20秒弱、オープン時のトランク容量も拡大されたことだし。

ただ、真夏にルーフを開けるのは、さすがに日が傾いてからがオススメで、夜がベスト。気温が25度くらいまで下がれば、真夏でも肌寒さを感じる。とても風流である。

そしてオープンカーは、実は冬がイイ。冬のオープンは露天風呂気分で実にステキだ。エアスカーフが首回りを温めてくれるSLKならなおのこと。真のエリート気分を満喫できるでしょう。

メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK350 AMGスポーツパッケージ 】メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツ】メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツ】メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツ】メルセデスベンツ 新型SLK 【SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツ】

メルセデス・ベンツ SLKクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ SLKクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ SLKクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ SLKクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ SLKクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円