autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート “唯一無二”のラグジュアリーオープンカーはどこまで進化した?「メルセデス・ベンツ SLクラス」海外試乗レポート

試乗レポート 2016/3/11 20:48

“唯一無二”のラグジュアリーオープンカーはどこまで進化した?「メルセデス・ベンツ SLクラス」海外試乗レポート(1/3)

関連: メルセデス・ベンツ SLクラス Text: 九島 辰也 Photo: メルセデス・ベンツ日本
“唯一無二”のラグジュアリーオープンカーはどこまで進化した?「メルセデス・ベンツ SLクラス」海外試乗レポート

メルセデスの最高峰オープンモデル「SL」がマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツ SLクラスと九島辰也氏

正直、ちょっとだけ忘れてしまっていたモデル「メルセデス・ベンツ SLクラス」がマイナーチェンジされた。2012年にモデルチェンジを行った「R231」型の進化バージョンである。

国際試乗会が行われたのは、カリフォルニア州のサンディエゴ。その理由をスタッフに問うと、実にシンプルな答えが返ってきた。「SLが一番売れている国」「オープンモデルを走らせるのに適した気候の地」だからだそう。確かに。

ちなみにSLの販売国トップ5はアメリカ、英国、ドイツ、カナダ、そして日本の順らしい。日本もなかなかのポジションに位置しているのではなかろうか。

ただ、冒頭に記したように今、その存在は目立っていない。メルセデスのモデルラインナップの拡大からSLは埋もれてしまった感がある。

いま「SL」の販売が芳しくない、その理由とは

メルセデス・ベンツ SL450メルセデス・ベンツ SLクラス 海外試乗

実際その傾向は世界中で起こっており、R231の販売はそれまでより良くない、とメルセデスのスタッフは重い口を開く。

そしてその要因は、スポーツカーに乗っていた顧客が「SUV」へ移行したことが大きいという。アメリカを中心にコンシューマーリサーチを行った結果、同社ではそう分析した。

がしかし、こうも言っているのだ。「2020年頃には、そうしたカスタマーが戻ってくる」と。SUVからの揺り返し、さらには中国マーケットの多様化がSLに風を吹かすと言うのだ。そしてそのためにも、我々はSLの進化を止めないとも熱く語っていた。

なるほど、メルセデスらしいプライドを感じる。と同時に、コンシューマーリサーチに頼りすぎのは彼ららしくない気も。まぁ、これも時代なのだろうか。

メルセデス・ベンツ SLクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ SLクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ SLクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ SLクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ SLクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円