autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム HVが得意なのはトヨタだけじゃない、欧州版プラグインハイブリッドの衝撃 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/9/5 09:07

HVが得意なのはトヨタだけじゃない、欧州版プラグインハイブリッドの衝撃(2/2)

HVが得意なのはトヨタだけじゃない、欧州版プラグインハイブリッドの衝撃

エンジンを得意とするメーカーが熟考したHV車は自動車の未来を切り拓く

ポルシェ パナメーラ S E-ハイブリッド

自動車史上初のハイブリッド車を開発した創業者フェルディナンド・ポルシェ博士のDNAが息づくポルシェは、とりわけハイブリッド車に思いの強いメーカーだ。スポーツカーのパナメーラには2011年に1モーター・ハイブリッドモデルが登場したが、2013年モデルからPHEVに進化した。

PHEVかどうかは外観からなかなか見分けがつかないが、アシッドグリーン(ライム)色のブレーキキャリパーが何とも眩しい。黄色はカーボンブレーキだ。アシッドグリーンはポルシェ918のブレーキと同じでPHEVのアイコンとなる。

PHEVのパナメーラに実際に試乗してみて感じたのは非常にユニークな存在だということ。従来型ハイブリッドでは存在感がなかったが、PHEVだとEVとして36km(欧州モード)も走ることができる。9.4kWhの容量を持つリチウムイオンバッテリーを搭載することで、都市の中心部ではゼロエミッションで走行可能なのだ。

しかも、エンジンを動かすことなく、時速120kmまで出せる。先代の1モーター・ハイブリッドのパナメーラと比べて、2倍ものパワーを持つ70kWのモーターが大活躍してくれるのだ。

気になる充電システムは、急速充電には対応せず、200Vで充電するのが基本だ。BMWの新しいEV「i3」は日本市場のためだけにチャデモを搭載すると発表している。

メルセデス・ベンツのクリーンディーゼル・ハイブリッド「S300h」

テスラもアダプターを開発し、チャデモに対応させるかもしれない。日本の200V充電は「3kW」を上限とする自主規制が壁となりそうだ。

ユニークな機能としては充電モードが用意されていること。つまり、パナメーラPHEVは充電しながら走行できるのだ。ポルシェは充電設備がなくてもユーザーに不便さを感じさせないと考えている。EV走行のおかげで、走行時の環境性能も高い。

欧州ルールではEV走行はゼロエミッションで計算できるので、1km走行時のCO2排出量はなんと71g。きっと日本の都市部でも新しいライフスタイルを提供してくれるだろう。

先に述べたメルセデスのPHEV「S550e」は3.5リッターV6ガソリンエンジンのハイブリッドだが、トランクルームの床下に約8.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV走行は40km前後を可能とする。

パナメーラやカイエンと並んでSクラスのPHEVを見ると、なんだかレクサスLS600hが霞んでしまいそうだ。

BMW i8

BMWはどんな戦略なのだろうか。新しい「i」ブランドを立ち上げ、製造から使用・破棄までトータルで環境に優しいクルマ作りを目指している。

スーパーカーのようなたたずまいの「i8」のPHEVについては、間違いなく新しい自動車の価値を提供してくれる。エンジンと駆動用ビッグモーターとSMGの3つのコンビネーションが走行状況に応じて様々な性能を実現する。効率だけでなく「持続可能かつ駆け抜ける歓び」がそこにあった。

やはりエンジンを得意とするメーカーが熟考したハイブリッド車は自動車の未来を切り拓くと確信できたのである。

[Text:清水和夫]

筆者: 清水 和夫

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円