autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2013/10/7 20:26

メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Sクラス Text: 飯田 裕子 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子

最新の安全性と上質さ、そして快適さを持つ

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

2日間に亘るオーストリアでのメルセデス・ベンツ「S63AMG」の試乗を終えた感想を一言で言うならば、「今最も最新の安全性と上質さ、そして快適さを持って、ドライバーがよりエモーショナルに、パッセンジャーは快適にドライブや移動が可能なモデル」だ。

メルセデス・ベンツ「S63 AMG」は、メルセデス・ベンツ最高級セダンである「Sクラス」をベースにメルセデスのチューニング部門であるAMGが手掛けたモデル。日本では8月末に新型「Sクラス」と同時に発表され、AMGモデルのデリバリー開始は12月になるとのことだ。

「S63 AMG」の日本導入予定モデルはすでに決定している。4MATICにAIRMATICベースのAMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションを組み合わせた左ハンドルの「S63 AMG long 4MATIC」と、FRでマジックボディコントロールベースのAMGスポーツサスペンションを採用した右ハンドルの「S63 AMG long」の2モデル。

「どちらもロングボディなの?」という声が聞こえてきそうだが、新型「Sクラス」はロングボディが開発ベースとなっている。理由は日本の「Sクラス」にも用意のあるショートや、今後マーケットによって開発&投入が予想されるスーパーロングなどのモデルバリエーションを考慮し、ボディの中心をロングに置いたことによる。

ちなみにショートとロングのボディサイズ差は全長で171㎜、ホイールベースで130㎜。実際に両方のボディで試乗ができたが、その印象はボディの長さよりも駆動方式による違いのほうが大きいように感じた。

生まれ持って与えられた気品が絶妙に保たれている

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

「S63 AMG」については、新開発のボディはAMGライトウエイトパフォーマンステクノロジーの効果も見逃せない。量産車初採用となる軽量リチウムイオンバッテリーやAMG鍛造アルミホイール、コンポジットブレーキシステムやカーボンファイバー製トランクフロアを採用。これによりホワイトボディの状態で約100kgの軽量化が図られていた。

搭載エンジンは、他のAMGモデルにも搭載済みの5.5リッターV8直噴ツインターボエンジンだが、今回またさらに改良され最高出力は+41psの585ps、最大トルクは+100Nmの900Nmと、パフォーマンスが向上しつつ燃費も向上しているという。7速ATと組み合わせたそのダッシュ性能は0-100km/h加速で4.0秒。大地を踏みしめる野太いエキゾースト音がマッチョ系のタフな男性を思わせる。

しかし「S63 AMG」のベースはやはりプレミアムブランドであるメルセデスのフラッグシップモデル。エクステリアデザインの雰囲気やドライブフィールにも、生まれ持って与えられた気品が絶妙に保たれているのだった。

エクステリアは、AMGモデルの象徴でもある「Aウイング」デザインのフロントスポイラーや、シルバークロームのリップスポイラーやスプリッタ―を採用。リアビューには専用デザインのブラックディフューザーや、デュアルエキゾーストが装着されている。

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG
メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG
メルセデス・ベンツ S63 AMG

インテリアでは、AMGスポーツシートが室内の雰囲気を引き締め、ナッパレザーの風合いとダイアモンドステッチのコンビネーションはスポーティな印象を強める。IWC製のアナログ時計は新デザインだ。

また、「Sクラス」に標準採用(S400 ハイブリッドを除く)されているドイツのハイエンドオーディオメーカーであるブルナスター社の美しい音は、スピーカーのデザインや随所に採用されているイルミネーションシステムと共にインテリアの個性を際立たせている。おかげでS63 AMGのインテリアはスポーティさだけを強めるだけではなく、ベースモデルにない上質さをも高め、女性のオシャレ心をくすぐるセンスがあると感じる。

これらは「Sクラス」という広い空間を、より個性的に演出し移動中の気分を盛り上げるにも十分だ。ついでにAMGと言えば、エンジンルームを開ければ、AMG専用エンジンの全行程を組み立てた職人さんのサインが…。

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円